さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。


    不明記者、生きたまま切断か サウジ見解と異なる可能性
    不明記者、生きたまま切断か サウジ見解と異なる可能性  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)



    (出典 www.cnn.co.jp)


    【サウジ人記者殺害】「記者は生きたまま切断」 英メディア 音声記録報じる についてまとめてみた

    1 ばーど ★ :2018/10/17(水) 17:51:36.27

    サウジアラビア政府を批判してきた米国在住のサウジ人著名記者ジャマル・カショギ氏がトルコで行方不明になった事件が世界のメディアの注目を集め、米国とサウジの外交関係にも影を落とす状況となっているが、中東地域を専門とするニュースサイト「ミドル・イースト・アイ」が16日、カショギ氏の動静についてショッキングなニュースを伝えた。カショギ氏は今月2日、イスタンブールのサウジ総領事館内で生きたまま体を切断され殺害されたというのだ。

     カショギ氏が身に着けていたアップルウォッチに殺害の様子が録音されており、その録音を聞いたトルコ筋の話として報じた。それによると殺害に要した時間は7分間で、カショギ氏は総領事の執務室から書斎に引きずり込まれ、テーブルの上で殺害された。カショギ氏の叫び声が聞こえたが、何らかの薬剤を注射された後、声は止まったという。

     殺害はサウジから来た情報機関員らが実行したが、リーダーの男はカショギ氏の体を切断する間、イヤフォンで音楽を聴いており、アップルウォッチには、ほかの情報機関員に対しても音楽を聴くよう勧めるリーダーの男の声も録音されていた。

     複数の米メディアは、カショギ氏を尋問中に手違いで死亡させたとする発表をサウジ政府が準備していると伝えたが、トルコ筋は尋問は一切行われることなくカショギ氏は殺害されたと断言した。

     ミドル・イースト・アイは同筋について詳しい説明をしておらず、どれほどの信ぴょう性があるかも不明だが、サンやデーリー・メールなど英大衆紙は電子版で一斉に同メディアの報道を引用した。トルコ捜査当局は15日夜から16日未明にかけ、サウジ側と合同でイスタンブールのサウジ総領事館内を捜査。AP通信によると、トルコの当局者は、サウジ総領事館内の捜査で、記者が殺害された証拠を警察が見つけたと語った。 

     カショギ氏は、米紙ワシントン・ポストのコラムニストでサウジ王室への痛烈な批判で知られる。2日、サウジ総領事館に入ったまま、行方が分からなくなっていた。 (共同通信=太田清)

    2018/10/17 11:2910/17 11:30
    c株式会社全国新聞ネット
    https://this.kiji.is/425118612656063585
    ------------------------
    ■「記者は生きたまま切断」 英メディア 音声記録報じる

    トルコのサウジアラビア総領事館でのサウジ人記者殺害疑惑で、イギリスメディアは16日、当時の音声記録の内容を伝え、「記者は生きたまま切断され、7分で死亡した」と報じた。

    イギリスの中東専門ニュースサイト「ミドル・イースト・アイ」は16日、ジャマル・カショギ記者が、サウジ総領事館内で殺害された際のものとされる音声を聞いたトルコ当局者の話として、「カショギ氏は、テーブルの上で生きたまま切断され、7分で死亡した」と伝えた。

    また、その際、サウジの「暗殺チーム」とされる15人のうち1人で、法医学専門家の男が「わたしは解体する時に音楽を聴く。君たちもそうしなさい」と話す様子も収録されていたという。

    一方、アメリカのトランプ大統領は16日、「FOXテレビ」のインタビューに対し、「国王や皇太子が、殺害について知っていたかどうかだ。知っていたら、よくない」と述べる一方、AP通信の取材には、「『推定有罪』は好きじゃない」と話し、批判を避けた。

    2018年10月17日 水曜 午後0:23
    FNN PRIME
    https://www.fnn.jp/posts/00403349CX

    関連スレ
    【国際】不明記者は「尋問中に手違いで死亡」 サウジ政府発表へ ★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539664076/

    ★1が立った時間 2018/10/17(水) 11:58:33.75
    前スレ
    【サウジ記者殺害】生きたまま体を切断 サウジ人記者行方不明で情報 ★4
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539758136/


    【【サウジ人記者殺害】「記者は生きたまま切断」 英メディア 音声記録報じる】の続きを読む


    「堂安は本田圭佑のようだ」Jリーグ原氏が絶賛
    「堂安は本田圭佑のようだ」Jリーグ原氏が絶賛  スポーツ報知
    (出典:スポーツ報知)


    堂安 憂(どうあん ゆう、1995年12月14日 - )は、兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・AC長野パルセイロ所属。ポジションは、ミッドフィールダー(MF)。 セレッソ大阪のアカデミー出身。創造学園高校では2年生から主力として活躍し、2012年の全国高校総体、全国高校選手権に出場
    5キロバイト (427 語) - 2018年7月22日 (日) 03:41



    (出典 entamescramble.com)


    【サッカー】「堂安は本田圭佑のようだ」Jリーグ原博実氏が絶賛についてまとめてみた

    1 豆次郎 ★ :2018/10/17(水) 19:29:02.57

    10/17(水) 19:01配信
    「堂安は本田圭佑のようだ」Jリーグ原氏が絶賛

     Jリーグの原博実副理事長(59)が17日、都内のJFAハウスで取材に応じ、16日の国際親善試合でFIFAランク5位の強豪ウルグアイを4―3で破った日本代表のMF堂安律(20)=フローニンゲン=を「本田圭佑が出てきた頃のようだ」と絶賛した。

     堂安は、ウルグアイ戦で代表初ゴールを決めるなど、2得点のMF南野拓実(ザルツブルク)、得意のドリブルなど積極的なプレーが光った中島翔哉(ポルティモネンセ)らと勝利に貢献。埼玉スタジアムで試合を視察した原氏は「堂安の体の強さは、本田圭佑が(代表に)出てきた頃と同じ。体で相手をブロックして抑えたら負けない。左足の一振りもあるし成長が楽しみ」と、長年日本代表の中心として君臨し、ロシアW杯後に代表引退を表明した本田圭佑(メルボルンV)の名前を挙げながら、更なるレベルアップを期待した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000124-sph-socc


    【【サッカー】「堂安は本田圭佑のようだ」Jリーグ原博実氏が絶賛】の続きを読む


    「神は存在しない」 ホーキング博士、最後の著書出版
    「神は存在しない」 ホーキング博士、最後の著書出版  CNN Japan
    (出典:CNN Japan)


    ホーキング スティーヴン・ホーキング - 「車椅子の物理学者」として名高い、イギリスの理論物理学者。 ホーキング青山 - 日本のお笑いタレント。また、作家。 ホーキング (自動販売機ベンダー) - 東京都豊島区に本社を置く自動販売機のベンダー企業。 ホーキング (清掃会社) - 青森県弘前市に本社を置く清掃会社。
    1キロバイト (125 語) - 2018年3月14日 (水) 07:54



    (出典 www.asahicom.jp)


    【悲報】「神は存在しない」故ホーキング博士、最後の著書発売についてまとめてみた

    1 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] :2018/10/17(水) 19:45:58.86


    「神は存在しない」――。
    今年3月に死去した天才宇宙物理学者、スティーブン・ホーキング氏。このほど出版された最後の著書「大きな疑問への簡潔な答え」で、そう結論付けていた。

    ホーキング氏はALS(筋萎縮性側索硬化症)と闘いながら偉大な業績を残し、76歳で死去した。
    未完成だった最後の著書を遺族や同僚が完成させ、16日に出版した。

    同書はホーキング氏が寄せられた質問に答える形で、「宇宙人は存在する」「人工知能は人間をしのぐかもしれない」「時間旅行の可能性は否定できない」といった説を打ち出している。

    神については、「神は存在しない。宇宙を司る者はいない」と断言し、
    「何世紀もの間、私のような障害者は、神に与えられた災いの下で生きていると信じられていた」
    「だが私はそれよりも、全ては自然の法則によって説明できると考えたい」と記した。

    さらに、「地球外に知的生命体は存在する」と述べ、時間旅行の可能性については「現在の理論では否定できない」と指摘。
    「次の100年の間に、太陽系のどこへでも旅行できるようになるだろう」とも予測した。

    「神は存在しない」 ホーキング博士、最後の著書出版
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35127106.html


    【【悲報】「神は存在しない」故ホーキング博士、最後の著書発売】の続きを読む

    このページのトップヘ