さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。



    (出典 tonboeye.com)


    顔が親にそっくり

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/01(金) 07:52:17.53 ID:nVsj0+xu9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    ミュージシャンの松田ゆう姫(ゆうき)が、1月30日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演し、その態度に批判が殺到している。 
    ゆう姫は、俳優の松田優作を父に、女優の松田美由紀を母に持つ芸能界のサラブレッドといえる。
    俳優の松田龍平、松田翔太は実兄にあたり、司会のフットボールアワーの後藤輝基も「すごい一家ですよ」と絶賛。
    番組は優作を筆頭に家族の紹介から始まった。

    ゆう姫は1988年11月生まれ。父優作は翌1989年の11月に40歳の若さで亡くなっているため、父の記憶はないと語った。
    輪郭や目のあたりは母親似といえるが、スマートな鼻筋は父親似に見える。
    最近は、ミュージシャン活動と並行して資生堂やユニクロのCMへ出演し、この日の『今くら』がバラエティ番組初出演ということで、注目が集まっていた。
    ゆう姫自身もバラエティ初出演について、インスタグラムで「観て欲しい気持ちと本当に観ないでいいですが両方」と、複雑な心境を投稿していた。

    番組において、ゆう姫はローテンションながらタメ口を次々と繰り出した。後藤から「兄弟喧嘩とかありました?」と問われると、
    「それなりにみんなそうでしょう」、誕生日にドレスを着て中心にいる写真に、後藤が「外国感あるよね?」と話すと、
    ゆう姫はすかさず「これ日本だよ」とツッコんだ。全体的に言葉数が少なく、一問一答のように番組は進んで行く。

    これには、ネット上では「キャラ付けだとしてもこのタメ口はひどすぎる」「ローラのタメ口はいいけど、コイツはキライ」
    「松田龍平や翔太は好感度あるのに、ゆう姫はなんか腹立つな。美人でもないし」
    「一般的には松田一家の妹でしかなく、それすらも知られていないって言うか自分の実績何もないくせにこの感じですか」といった批判の声が殺到している。

    ゆう姫は日本の中学を卒業後、「環境を変えるため」カナダへ留学し現地の高校へ通う。一度日本へ戻ったのち、アメリカのピッツバーグへ再び留学。
    ここではかなりモテたようで、後藤から「日本とアメリカの男女の文化の違いは感じます?」と問われても、「なんだろう。今ちょっと出てこない」とつっけんどうに返すだけだった。

    こうした態度は「バイリンガル女の生態」として、番組ではおもしろおかしく取り上げられていたが、視聴者には不評だったようで、
    「英語圏にいたって礼儀くらいは知ってるだろ。こいつは単に非常識なだけ」「番組盛り上げる気ゼロだな。もう出てこないでほしいわ」といった声も聞かれた。

    番組では取り上げられなかったものの、彼女は2007年に兄の翔太と夕食の献立をめぐり大喧嘩になり、警察沙汰に発展したこともある。
    これは酒場での喧嘩を繰り返し武闘派として知られた父、優作譲りの気質なのかもしれない。

    ただ、ネット上では「世間ずれした芸能人一家に生まれたとしてもこの態度はひどい」といった印象が強かったようだ。
    それでも、たった一度のテレビ番組出演で良くも悪くも注目を集めてしまう彼女は、やはりただ者ではないのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1673985/?page=2
    2019.01.31 12:10 リアルライブ


    (出典 tsukasastyle.com)


    (出典 geronhaita.com)


    【【悲報】あの2世俳優の妹の態度がひどすぎる…“実績もないのに” 非常識ぶりに非難殺到!!】の続きを読む


    NEWS、ドキュメンタリー番組が突如“終了”! 「打ち切られた」「闇を感じる」と心配の声|サイゾーウーマン - サイゾーウーマン
    エンターテインメントの世界の裏側を放送するドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME~時が奏でるリアルストーリー~』(フジテレビ系)。1テーマを数回にわたり取り上げる番組 ...
    (出典:サイゾーウーマン)



    (出典 jp-word.net)


    解散説に信憑性あり??

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/04(月) 21:30:17.94 ID:ifm2awEH9.net

    度重なる不祥事やメンバー脱退説で、にわかに解散が囁かれている『NEWS』。現時点ではウワサの範囲にとどまっているが、ここへ来て真実味を感じさせる出来事が飛び込んできた。

    周知の通り、昨年の「NEWS」は小山慶一郎、加藤シゲアキによる未成年飲酒強要事件が発覚。
    小山、加藤ともにレギュラー出演している生放送番組で謝罪し、小山は事務所から《こうした行為は特に報道番組に携わる者としては厳に慎むべきもの》と厳しく非難され、
    芸能活動自粛の後、『news every.』(日本テレビ系)を降板するに至った。

    その翌週、今度は手越祐也に未成年飲酒強要が発覚するも、事務所はこの件を黙殺。すると、この甘さが助長を招いたのか、年末には新たな違法飲酒強要も報じられている。

    こうした状況の中、1月11日には連続ドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME~時が奏でるリアルストーリー~』(フジテレビ系)の「NEWS」編がスタート。
    昨年のグループ活動に密着した様子が、2月1日までの全4回にわたって放送されると告知されていた。

    突然の打ち切りで“解散説”に信憑性が?

    しかし、放送が3週目を迎えた1月25日、番組の序盤には「Last Episode」とのテロップが。
    そして、テロップ通り「NEWS」編は同放送で最終回となり、次週は後輩グループ『King&Prince』(キンプリ)のドキュメントが放送されることとなった。

    「もともとの告知では『NEWS』を4週放送した後、2月8日から関西ジャニーズJr.編が放送されることになっていました。
    また、キンプリは昨年10月に始まった同番組の密着第1弾ですから、おそらく映像再編集によるピンチヒッター的役割になるでしょう」(テレビ雑誌記者)

    そして、これらの事象を総合的に見ると、ウワサのレベルだった“解散説”に信憑性が出てくるようで…。

    「年明け直後、ネット上に手越がプライベートで使用しているネットゲームアカウントが流出し、ユーザー間のチャットで『NEWS』脱退を示唆していたことが判明しました。
    さらに、ツイッター上にも“手越が活動休止する”との暴露アカウントが現れ、ファンは解散や脱退など大きな不安を抱くことに。
    そんな中での急な放送打ち切りですから、裏で“解散”や“活動休止”に向けた動きがあったと見ても全く不思議ではありません」(ジャニーズウオッチャー)

    折しも、現在のジャニーズ事務所は『嵐』の活動休止でてんやわんやといった状況。
    ここで「NEWS」が追い討ちを掛けるような発表をすれば、「事務所のイメージをダウンさせ続けるグループ」と批判されることは避けられないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1679426/
    2019.02.04 19:01 まいじつ


    【【悲報】『NEWS』の番組が謎の打ち切り!グループ解散への準備か??】の続きを読む


    高須克弥院長がウーマン村本へ向け持論「僕は国籍性別で差別しない」 - livedoor
    村本大輔は3日のTwitterに、日本には国籍で差別する人がいる、と投稿した。高須克弥院長は翌4日にTwitterを更新し、村本へ向けて持論を展開。村本は被害者に化けて ...
    (出典:livedoor)



    (出典 )


    批評が過激…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/02/04(月) 17:15:36.33

     お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が4日、ツイッターを更新。高須クリニックの高須克弥院長(74)に反撃した。

     村本は「韓国籍を差別する日本人がいる、とツイートしたら、ナチ、あ、高須さんから『僕は違う!!』とコメントがきた。どうした、高須さん。あんたのことだなんて一言も言ってないのに。軽く炙ったら高須さんが飛びでてきた」と高須院長に毒ガスを噴射した。

     村本は3日、強制性交の疑いで逮捕された俳優・新井浩文容疑者(40)に言及し「新井浩文が在日朝鮮国籍だとわかった瞬間にバッシングが何万倍にもなる。国籍で人を決める人種差別主義者が日本には少なからずいる」とツイート。

     これに対し、高須院長は「悪いことしたときにシーマンくん(=村本)のようなことを言って被害者に化ける方々こそ軽蔑されるべきです」とたしなめた上で、「僕は国籍性別で差別はしません」と自身のスタンスを説明した。

    2019年02月04日 16時04分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1270126/


    【【芸能】ウーマン村本が高須院長を「××」呼ばわり…例の事件をめぐって批評加熱!!】の続きを読む

    このページのトップヘ