さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。

    2018年11月


    auが新iPad Proの価格を発表 11インチが12万円台から
    auが新iPad Proの価格を発表 11インチが12万円台から  Engadget 日本版
    (出典:Engadget 日本版)



    (出典 i.gzn.jp)


    もはや普通にMacBook Air買えちゃうじゃん…新型iPad Pro発表 ホムボ廃止 ベゼレレス ノッチなし USB-C ※粗全てのモデル10万円以上 Pencilとキーボードは別売りについてまとめてみた


    1 スタス ★ :2018/10/31(水) 02:51:33.29 ID:CAP_USER9.net

    https://japanese.engadget.com/2018/10/30/ipad-pro-face-id/

    新iPad Pro発表 ホームボタンが消え狭額縁化 Face ID・USB-C搭載
    A12X搭載

    Apple Special Eventより。アップルは新型iPad Proを発表しました。11インチと12.9インチの2モデル。顔認証(Face ID)に対応し、ホームボタンを廃してベゼルレス化を達成しています。

    新iPad Proは、10.5インチiPad Proの発売以来となる、全面刷新モデルです。

    第一の特徴は外観の刷新です。ベゼルレス化を進めた結果、11型の大画面ながら旧10.5型モデルと同じ筐体サイズを実現。また、12.9型モデルも筐体サイズを大きく削減しています。

    https://o.aolcdn.com/images/dims?resize=2000%2C2000%2Cshrink&image_uri=https%3A%2F%2Fs.yimg.com%2Fos%2Fcreatr-uploaded-images%2F2018-10%2F2cdd85d0-dc5b-11e8-9af5-3a98ea3ffabf&client=a1acac3e1b3290917d92&signature=bd8842197313f9511e75f2cde741ad77d2112d9e


    ライトニング端子も消え、MacBookと同じUSB-C端子に置き換わりました。同端子からは他のデバイスに逆給電できるほか、5Kモニタに映像出力することも可能です。


    Apple Pencilも大きく刷新。側面に磁力でくっつけるだけで、ペアリング&充電がはじまります。


    パフォーマンスも大幅に向上。新たに搭載するオクタコアの「A12X Bionic」は、全世代に比べて性能が50%向上。コンソールゲーム機Xbox One S並のグラフィックス性能だといい「ほとんどのノートPCよりも処理速度が高速」とアップルはアピールします。


    (出典 s.blogcdn.com)


    新しいiPad Proは11インチモデルが799ドル(8万7890円)~、12.9インチモデルが999ドル(約11万円)で本日予約開始。発売は11月7日を予定します。LTEモデルも用意します。ストレージ容量は64GBから最大1TBまで。

    国内版価格は下記のとおりです。

    <11インチ>
    ・64GBモデル・・・8万9800円
    ・256GBモデル・・・10万6800円
    ・512GBモデル・・・12万8800円
    ・1TBモデル・・・17万2800円

    <12.9インチ>
    ・64GBモデル・・・11万1800円
    ・256GBモデル・・・12万8800円
    ・512GBモデル・・・15万800円
    ・1TBモデル・・・19万4800円


    【もはやMacBook Air買えてしまう…新型iPad Pro発表 ホムボ廃止 ベゼレレス ノッチなし USB-C ※粗全てのモデル10万円以上 Pencilとキーボードは別売り】の続きを読む



    (出典 t.pimg.jp)


    小学校の女性講師を停職処分! ファッションヘルスでアルバイト…「やめられなかった」についてまとめてみた

    1 いちごパンツ ★ :2018/10/31(水) 19:57:56.38

    https://mainichi.jp/articles/20181101/k00/00m/040/038000c

     大阪市教委は31日、*店でアルバイトをして報酬を得ていたとして、市立小の女性講師(27)を停職3カ月(同日付で依願退職)とする懲戒処分を発表した。

     市民から匿名の通報が複数回あり、市教委が調査していた。市教委によると、女性講師は今年4~9月、週1、2回のペースで大阪府内のファッション*店に勤務。男性客の相手をし、月平均約8万円の報酬を得ていた。また、ほぼ同時期に連鎖販売取引業者の化粧品や日用品を第三者に紹介、購入を促して月数千円を得ていた。いずれも兼業を禁じた地方公務員法に抵触すると判断した。

     女性講師は今年4月~来年2月の予定で、育児休業を取得した教諭の代替を務めていた。市教委の調査に「採用以前からやっていた。禁止行為と知っていたが借金があり、やめられなかった」と説明。「子どもを指導する立場として示しがつかない行為で反省している」と話しているという。【林由紀子】


    【小学校の女性講師を停職処分! ファッションヘルスでアルバイト…「やめられなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ