さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。

    2019年01月



    (出典 info.yomiuri.co.jp)


    【箱根駅伝】東海大が悲願の初優勝、あわや“空中分解”の危機を乗り越えたについてまとめてみた

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/03(木) 13:27:01.83

    ◆報知新聞社後援 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

    第95回東京箱根間往復大学駅伝競走復路は3日、神奈川・箱根町スタート、東京・千代田区大手町の読売新聞社前ゴールの5区間109・6キロで行われ、往路2位の東海大が往路優勝の東洋大を8区で逆転し、悲願の初優勝を飾った。
    スピードを持ち味とする東海大は、両角速(もろずみ・はやし)監督(52)の指導のもと、この夏、泥臭い走り込みの練習に方向転換。
    一時、故障者が続出し、チーム内には不満が噴出したが「世界を目指すための第一歩として箱根制覇」でチーム内は団結し“平成最後の箱根駅伝”で栄冠にたどりついた。

    1年前「箱根0区」で大ブレーキを喫した小松陽平(3年)が初優勝の立役者となった。8区で、首位の東洋大と4秒差の2位でタスキを受けた小松はスタート直後に東洋大の鈴木宗孝(1年)に追いつくと我慢比べの並走。
    14・6キロで満を持してスパートし、一気に鈴木を突き放した。1997年に山梨学院大の古田哲弘がつくった10区間で最古の区間記録(1時間4分5秒)を15秒更新する1時間3分50秒で走破し、首位に立った。

    前回大会、小松は1万メートル28分35秒63の学生トップクラスのタイムを持ちながらスタミナ不足という理由で16人の登録メンバーから外れた。
    一昨年12月30日、登録メンバー外の選手が参加する2万メートルの学内記録会。400メートル50周と気が遠くなるようなレースは「箱根駅伝0区」と呼ばれる。
    小松は序盤は快調に先頭集団を走ったが、後半に失速。20キロを走り切る力を持っていなかった。しかし、1年後、まるで見違えるような力強い走りで母校に初優勝をもたらした。

    「区間記録って97年で自分が生まれた年なので、そんな記録を破れるとは思っていませんでした。
    6区の中島怜利(3年)、7区の阪口竜平(3年)が東洋大との差を詰めてくれて最高の状態でつないでくれたので楽しんで走れました。
    これ以上ない仕事じゃないかと思うくらい、100点満点の走りができました」と小松は満面の笑みで話した。

     スピードを持ち味とする東海大はこの夏、新たな取り組みに挑んだ。両角監督が初めて「今回は箱根で優勝を狙う」と宣言して夏合宿がスタート。
    例年のスピード練習よりも泥臭く走り込んだ。湯沢舜(4年)、郡司陽大(3年)、西田壮志(2年)らスタミナ型の選手が成長を見せた反面、例年より故障者が増えた。
    チーム内には疑問と不満が沸き上がったが、両角監督は基本方針を変えなかった。その中でたくましく成長した選手の象徴が小松だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00010000-spht-spo
    1/3(木) 13:25配信


    【【箱根駅伝】東海大が悲願の初優勝、あわや“空中分解”の危機を乗り越えた】の続きを読む



    (出典 resources.matcha-jp.com)


    宿 竹下通り暴走 車から灯油入った容器。「大阪から来て暴走させた。死刑制度に対する報復」についてまとめてみた

    1 WATeR ★ :2019/01/01(火) 15:30:09.90

    動画
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190101/k10011765031000.html
    2019年1月1日 12時09分

    1日未明、東京・原宿の竹下通りで車を暴走させて歩行者8人を次々にはねたとして殺人未遂の疑いで逮捕された21歳の男の車から、灯油が入った容器が見つかっていたことがわかりました。警視庁は、灯油を積んでいた目的を調べるとともに、意図的に車を暴走させたとみて詳しい経緯を捜査しています。

    1日午前0時10分ごろ、東京・渋谷区神宮前の竹下通りで、明治通り側から入ってきた軽自動車が逆走し、歩行者8人を次々にはね、このうち練馬区の19歳の男子大学生が意識不明の重体になっています。

    警視庁は、軽自動車に乗っていた住所、職業不詳の日下部和博容疑者(21)を殺人未遂の疑いで逮捕し、乗っていた軽自動車を調べたところ、灯油が入った容器が見つかっていたことがわかりました。

    容器は100リットル入りで、灯油は20リットルくらい入っていたとみられるということです。何の目的で車に積んでいたのか調べています。

    また、ほかにも目撃者の男性に対し車から降りて殴りかかっていたこともわかりました。男性は軽いけがをしたということです。

    捜査関係者によりますと、当初「テロを起こした」という趣旨の供述をし、その後の調べに対し「大阪から来て車を暴走させた。死刑制度に対する報復でやった」と供述しているということです。

    警視庁は、意図的に車を暴走させたとみて詳しい経緯を捜査しています。

    飲食店の店主「何人も倒れていた」
    竹下通りで飲食店を経営している男性は「深夜の事務作業をしているとパトカーが通りを走って行くのが見えて何かあったのかなと思った。その後、仕事を終えて通りに出ると、男性が倒れていて、現場に近づくにつれて何人も人が倒れていた。現場を訪れた時はすでに救急隊が駆けつけて救助に当たっていた。悲惨な状況だった」と話していました。

    竹下通りで衣料品店を営んでいる男性は「仕事が残っていたので昨夜遅くに店に来たら、人が倒れているのを見た。当時、歩行者はまばらで、警察から話を聞かれている人もいた。竹下通りでこのような事件が起きてショックだ」と話していました。

    ★1:2019/01/01(火) 13:18
    【東京】原宿 竹下通り暴走 車から灯油入った容器。「大阪から来て暴走させた。死刑制度に対する報復」
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1546316331/


    【宿 竹下通り暴走 車から灯油入った容器。「大阪から来て暴走させた。死刑制度に対する報復」】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)


    【格闘技】「十分チャンスある」→「やらせちゃいけない試合」 天心VSメイウェザー、解説陣の「手のひら返し」露骨についてまとめてみた

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/01(火) 15:37:12.09

    2018年12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技イベント「RIZIN14」で、
    ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザーJr(41)が、キックボクサーの那須川天心(20)に圧勝した。

    試合前から那須川の条件は不利との見方があったが、解説陣は「十分チャンスがある」と口々に持ち上げた。

    だが、試合が終わるや否や「体重差から考えて無茶なマッチ」と試合そのものを否定している。

    ■高田延彦「明らかに歴史に残る」

    試合は、3分3ラウンドで蹴り技なしのボクシングルール。
    那須川は8オンス、メイウェザーは10オンスのグローブハンディがあったが、那須川の体重は62.1キロ、メイウェザーは66.7キロと"階級差"があった。

    50勝負けなしの「天才」と、「神童」と呼ばれる20歳の世紀の一戦。
    RIZINの高田延彦統括本部長は生放送で、「明らかに歴史に残る」と興奮を隠さない。
    解説陣も「(那須川に)期待している」(関根勤さん)「(同)十分チャンスがある」(赤井英和さん)と同調した。

    だが、蓋を開けると那須川は3度のダウンを奪われ、2分19秒でTKO負け。
    メイウェザーは試合後のインタビューで「エンターテイメント性のある試合を意識していた。
    それが実現できてうれしい」と余裕たっぷりのコメントをしている。

    視聴者「解説者のコメントもう少し考えて欲しい」
    試合後、那須川に期待を寄せた解説陣のトーンは一転する。
    関根さんは「体重差から考えて無茶なマッチ」と不快感を示し、高田統括本部長も「本当はやらせちゃいけない試合。
    下手したら、一歩間違えたらボクシング生命を絶たれるようなウェイト差」と警鐘を鳴らした。

    この「手のひら返し」に違和感を覚えた視聴者も少なくなかったようで、

    「解説『体重差を考えたら無茶なマッチ』 散々煽っておいて(それも仕事なのだろうが)よく言えるわ」
    「負けたからって、階級差だとか、もともと組んじゃいけない試合だとか、解説者のコメントもう少し考えて欲しいね」

    といったツイートが散見される。ラッパーの呂布カルマさんもツイッターで、「体重差がどーとか主催側が今言うなよ...」とつぶやいた。

    各報道によれば、RIZINの榊原信行実行委員長は試合後の会見で、批判は承知の上だったといい、
    「僕はやって良かったと思っている。(批判する)そういう人は(競技としての)ボクシングを見てください」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000003-jct-ent
    1/1(火) 14:24配信


    【【格闘技】「十分チャンスある」→「やらせちゃいけない試合」 天心VSメイウェザー、解説陣の「手のひら返し」露骨】の続きを読む


    滝沢秀明、芸能活動に幕を閉じる「23年間、めちゃくちゃ楽しかった」 - HuffPost Japan
    9月に解散した男性デュオの「タッキー&翼」が12月31日夜、東京ドームで開かれた「ジャニーズカウントダウン」のイベントで復活。既にジャニーズ事務所を退所している今井 ...
    (出典:HuffPost Japan)



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【ジャニーズ】タッキー 翼と3曲熱唱で引退「23年間めちゃめちゃ楽しかった」ファンに感謝についてまとめてみた

    1 豆次郎 ★ :2019/01/01(火) 00:57:57.73 ID:CAP_USER9.net

    1/1(火) 0:53配信
    タッキー 翼と3曲熱唱で引退「23年間めちゃめちゃ楽しかった」ファンに感謝

     2019年から演出家に転身する滝沢秀明が31日深夜、東京ドーム公演で行われたジャニーズカウントダウン公演でラストステージに立ち、3曲を熱唱。タレントを引退した。

     日付けが変わった午前0時30分頃、10月にジャニーズ事務所を退所した元タッキー&翼の今井翼と共に登場。金髪姿の滝沢は今井と握手すると、Jr.黄金期を共に駆け抜けた生田斗真、山下智久、風間俊介、長谷川純をバックダンサーにつけて、楽曲「REAL DX」を歌唱した。「Venus」「夢物語」と続き、Hey! Say! JUMPやKis-My-Ft2らも加わり、嵐もそばで見守る豪華な“卒業公演”をファンに届けた。

     滝沢は「ありがとうございました。23年間めちゃめちゃ楽しかったです」と笑顔で別れのあいさつを終えた。今井は「タッキー&翼を応援して頂きありがとうございました。これからはそれぞれの道を歩みますが、恩返しできるようにやっていきます」とあいさつした。近藤真彦、東山紀之に加え、堂本剛の顔がプリントされた上着を着た堂本光一も2人をねぎらった。

     最後は全員でV6の楽曲「Can do!Can go!」を歌って締めくくり。演出家として新たな一歩を進む滝沢は「さらにジャニーズを盛り上げていきたいと思います」と誓っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000149-dal-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【ジャニーズ】タッキー 翼と3曲熱唱で引退「23年間めちゃめちゃ楽しかった」ファンに感謝】の続きを読む



    (出典 realsound.jp)


    『紅白』米津玄師の歌唱力に衝撃 「上手すぎる」「音源との差がない」と騒然 についてまとめてみた

    1 muffin ★ :2019/01/01(火) 16:34:32.00

    https://sirabee.com/2019/01/01/20161946711/
    2019/01/01 05:00

    31日に放送された『第69回NHK紅白歌合戦』に、歌手の米津玄師(27)が出演。そのパフォーマンスに、ネット上では驚きの声が相次いでいる。

    この日、米津は故郷である徳島からの生中継で、今年最大のヒット曲『Lemon』を披露。石原さとみ主演で放送され、人気を博したドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の主題歌として知られる曲だ。

    米津にとってテレビ生出演は初であり、またテレビ歌唱は収録も含めて初。パフォーマンス前のトークはなく、無数のロウソクが並べられた美術館にて、静かに歌い始めた。

    視聴者が驚いたのはその歌唱力。独特な声質の歌声は、高くも艷やかで、夜の美術館の神聖な雰囲気に非常にマッチ。ダンサーの菅原小春(26)の踊りも非常にマッチしていたと言えるだろう。

    歌手は歌うことが仕事。しかし、緊張しやすい生放送で実力を発揮するのは、プロと言えども容易ではない。

    そんななか、視聴者が想像していた何倍も素晴らしい美声を響かせた米津。その結果、ツイッター上では「上手すぎる」「音源との差がない」「口からCD音源」「初めて聞いたけど正直ナメてたわ」など、その歌声を称賛する声が相次いだ。

    その他にはMISIAやサザンオールスターズ、椎名林檎とエレファントカシマシ・宮本浩次のコラボ、松任谷由実などのパフォーマンスが見られた『紅白歌合戦』の後半。

    演出は控えめであり、日本を代表する実力派アーティストたちの歌声を堪能できる、シンプルかつも豪華な祭典だっただろう。

    そんななか、若手ながらもまったく遜色のなかった米津。人気だけではない、実力派アーティストとして、全国的に認知された日になったのではないだろうか。


    (出典 www.nikkansports.com)


    関連ニュース
    米津玄師「録画ではございません」テレビ初出演初歌唱
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901010000106.html

    ★1が立った日時:2019/01/01(火) 13:44:51.70
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546317891/


    【『紅白』米津玄師の歌唱力に衝撃 「上手すぎる」「音源との差がない」と騒然】の続きを読む

    このページのトップヘ