さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。

    カテゴリ: スポーツ


    伊野波雅彦を提訴した梶山陽平氏 投資トラブルで2500万円の損害 - livedoor
    伊野波雅彦を提訴した梶山陽平氏 投資トラブルで2500万円の損害  livedoor

    サッカー元日本代表の伊野波雅彦が、梶山陽平氏に民事提訴されていた。高配当をうたった投資に勧誘され、計2500万円を失ったという梶山氏。伊野波が関わっていたと ...


    (出典:livedoor)



    (出典 www.vissel-kobe.co.jp)


    【サッカー】 元日本代表・伊野波雅彦が元Jリーガー・梶山陽平に訴えられた前代未聞の投資トラブル・・・「2500万円損害」についてまとめてみた

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/12/14(金) 17:00:49.55

    法廷で“キックオフ”の笛が鳴った――。

    2014年のサッカーW杯ブラジル大会・日本代表DF伊野波雅彦(33=J1神戸)が、
    08年の北京五輪代表MF梶山陽平(33)に民事提訴されていたことが本紙の取材で分かった。

    実業家X氏が運用する投資を伊野波から「月利7%の配当をする」などと勧められて始めたが、
    計2500万円を失ったとして梶山は提訴。

    他にも被害者がおり、被告となった伊野波は、X氏とともにその損害賠償を請求されたのだ。
    元日本代表が元Jリーガーに訴えられた前代未聞の投資トラブルを詳報する。

    伊野波は、FW本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)、FW香川真司(29=ドルトムント)らとともに
    「史上最強」とされた14年W杯日本代表のメンバーだった。

    所属の神戸では今季のリーグ戦終盤からアンカーに起用され、話題を席巻した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)、
    元ドイツ代表MFルーカス・ポドルスキ(33)の2大スターを後方から支えた。

    一方、梶山はフル代表に呼ばれなかったものの、08年北京五輪ではメンバーだった本田、香川を差し置いて背番号10を託された“天才MF”。
    だが、FC東京からJ2新潟にレンタル移籍した今季限りで現役を引退した。2人は同い年で、北京五輪のアジア予選メンバーで親交があった。

    トラブルが起きた発端は昨年8月だった。裁判資料によると伊野波は梶山に対し、友人で実業家のX氏が運用する月利高配当をうたった投資に勧誘。
    「大丈夫だから」「万が一の時は俺が保証する」と説得したという。

    勧めに乗った梶山は同月から出資を開始し、今年1月までの間、X氏に複数回にわたって計2500万円をつぎ込んだ。
    リーグ戦の最中だったが、伊野波は試合や練習に支障のないよう合間を縫い、梶山の出資の立会人を務めたという。

    一方で伊野波は昨年6~9月、友人の一般男性も同じように勧誘。
    「自分もある程度の額を(X氏に)預けている」「梶山も(X氏を通して)運用している」と勧めたという。

    一般男性は今年3月までの間、複数回にわたり、X氏になんと総額8500万円を投じたという。ここでも伊野波は立会人を務めていた。

    投資後、一時的に梶山と一般男性への配当はあったが、今年6月以降、配当が停止する。X氏が出資金を全額溶かしてしまった可能性がある。
    それを受け、伊野波は6月、梶山に「元本は必ず(X氏から)返させる」と伝え、X氏に対応を迫った。

    ところが、伊野波は7月、X氏から「投資リスクが顕在化して配当できない」と主張され、
    梶山と一般男性への返金には「応じない」と通達される。焦りまくった伊野波はX氏を「無責任すぎる」と追及したものの、その後はX氏と音信不通になった。

    事態は改善しないまま、伊野波はX氏とともに、梶山と一般男性から東京地裁に民事提訴され、損害賠償を請求された。

    被告である伊野波とX氏は、原告の梶山から2750万円、もう1人の原告の一般男性から9350万円の支払いを突き付けられた。
    総額1億2100万円の巨額訴訟だ。

    第1回口頭弁論は今月4日、東京地裁で開かれた。伊野波、梶山はともに欠席。伊野波とX氏は原告の請求棄却を求め、争う構えを示した。

    伊野波の代理人弁護士は本紙に「X氏に対する債権回収に巻き込まれた不当な訴訟であり、法的責任は一切なく、裁判所に請求棄却を求めています」と回答。
    X氏側は裁判の中で「原告に配当してきた実績はあったが、投資運用の結果として利益を生み出せず、配当がかなわなくなった。
    投資リスクが顕在化したにすぎない以上、法的責任を負担するいわれはない」(弁護士)と主張している。

    原告の梶山の代理人弁護士は「係争中なのでお答えできません」と回答した。

    梶山側は、X氏の運用実態を疑問視しているようだ。これが事実であれば、いかがわしい投資に伊野波は“加担”してしまい、梶山も安易に乗ってしまった形だ。
    X氏がうたっていた月利は7~10%といい、あり得ない高配当。ウマい話にはウラがある――と考えれば巨額のカネを突っ込むことはないはずだが…。
    構図としては伊野波はX氏に“広告塔”のように利用されたとも考えられる。

    次回期日は来月24日、弁論準備手続きが行われる。(一部敬称略)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000029-tospoweb-socc


    【【サッカー】 元日本代表・伊野波雅彦が元Jリーガー・梶山陽平に訴えられた前代未聞の投資トラブル・・・「2500万円損害」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【野球】巨人・上原、疑問の再契約 新手の「プロテクト外し」との見方もについてまとめてみた

    1 ひかり ★ :2018/12/14(金) 15:38:47.46

     巨人から自由契約となった上原浩治投手(43)が2018年12月14日、自身のツイッターを更新し、巨人と再契約することを明らかにした。今シーズン終了後の10月に左膝のクリーニング手術を受け、
    直後に自由契約となった。上原は現役続行を目指して米国でリハビリを続けていた。

     今季、メジャーから10年ぶりに日本球界に復帰。中継ぎとして36試合に登板して勝ち星なしの0勝5敗、防御率3.63に終わった。手術後に自由契約となり、その去就が注目されていたが、この日、自身の
    ツイッター上で「来年もジャイアンツにお世話になります。いろんな意見があるのは承知ですが、応援してくれると嬉しいです。よろしくお願いします」と、巨人と再契約することを報告した。

     ところが上原の巨人との再契約を巡って、ネット上ではFA制度のルールの盲点をついた「プロテクト外し」だという声が殺到。プロ野球関係者からも同様の指摘があり、今後、FA制度のルール改正の
    必要性を訴える声も上がっている。

    ■広島へのリスト提出からわずか...

     上原が左膝のクリーニング手術を受けたのが10月23日。これを受ける形で巨人は10月29日に上原の自由契約を発表した。翌日の30日には、上原が自身のブログを更新し「ちゃんと監督と話し合っての
    決断です」とコメント。球団からの一方的な通達ではなく、球団、上原双方合意の上での自由契約であったことを主張した。

     今回の再契約にあたっては、ルール上、何も問題はないが、そのタイミングが議論を引き起こす引き金となった。巨人は今オフ、FAで西武から炭谷銀仁朗捕手(31)、広島から丸佳浩外野手(29)を獲得。
    西武、広島はそれぞれ、巨人から金銭補償、人的補償プラス金銭補償のいずれかを求めることができ、巨人はこれに備えて両球団に人的補償に伴う28人のプロテクトリストを提示する必要があった。

     すでに巨人は7日までに西武に、広島には12日までに28人のプロテクトリストを提示。その直後の再契約だっただけに、上原の自由契約は「プロテクト外し」が目的だったのかと、巨人に疑いの目が
    向けられている。

     前球団がFAの人的補償を求めた場合、28人のプロテクトリストから外れた選手が獲得の対象となる。リスト外でこの対象とならないのは、FA権取得により外国人枠の適用外になった外国人選手と、
    直近のドラフトで獲得した新人選手のみ。当然、支配下登録外の自由契約の選手も対象外となる。

     プロテクトリスト外の支配下選手で獲得の指名を受けた選手は、これを拒否することは出来ない。当該選手が拒否した場合、選手はプロ野球選手としての資格を停止され、他球団への移籍はもちろんのこと、
    グラウンドに立つことが出来なくなる。

    背番号「19」が空いたタイミングも...

     再契約のタイミングとともに「疑惑」の要因のひとつとなるのが背番号だ。現在、上原が入団から10年間、背負っていた「19」が空いており、来シーズンから背負うことが見込まれる。

     この背番号「19」を巡っては、まず11月25日に菅野智之投手(29)が「19」から「18」に変更となり、今季、上原が背負っていた「11」を山口俊投手(31)が付けることが今月4日に決定。原辰徳監督(60)の
    背番号シャッフルにより、「19」が空きとなった時点でファンの間では上原の巨人復帰説が囁かれていた。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000003-jct-soci


    【【野球】巨人・上原、疑問の再契約 新手の「プロテクト外し」との見方も】の続きを読む


    羽生ゆずれないに羽生結弦ファンが大激怒「芸名を即刻変えて!」 - 東スポWeb
    羽生ゆずれないに羽生結弦ファンが大激怒「芸名を即刻変えて!」  東スポWeb

    ものまねタレントの羽生ゆずれない(23)が13日、ツイッターを更新し、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦氏(29)の密会騒動に自身が関わった疑惑について反論を掲載 ...


    (出典:東スポWeb)


    ものまねタレント「羽生ゆずれない」に羽生結弦ファンが大激怒「芸名を即刻変えて!」についてまとめてみた

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/12/13(木) 18:21:33.68

     ものまねタレントの羽生ゆずれない(23)が13日、ツイッターを更新し、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦氏(29)の密会騒動に自身が関わった疑惑について反論を掲載した。

     妻で元フジテレビアナウンサーの大島由香里(34)と離婚危機にある小塚氏は週刊文春に、横浜市内のホテルに女性を連れ込んだと報じられた。また、この時、ゆずれないも一緒にホテルに入ったとされている。

     ゆずれないは所属事務所の見解として「1時間程度お話をし、その後帰路につきました。記事に書かれているような女性との関係など事実無根」などと強く否定した。

     だが、収まらないのは本家・結弦のファン。報道により「羽生」の名字とそっくりさんの格好が独り歩きし、イメージダウンの危機となった。

     ゆずれないのコメント欄には応援の声とともに、怒りに満ちた羽生の熱狂的ファンも殺到。

    「大変失礼ですが芸名変えて頂けませんか?」

    「風評被害を受けるであろう羽生さんへの謝罪はないのですね、こちらが一番残念です」

    「私達の大切な選手の名前を使うのはやめて下さい 不愉快です」

    「その芸名を即刻変えてください!」

     などと炎上状態となっている。


    2018年12月13日 16時41分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1219885/


    【ものまねタレント「羽生ゆずれない」に羽生結弦ファンが大激怒「芸名を即刻変えて!」】の続きを読む



    (出典 news.mynavi.jp)


    【野球/女優】楽天・松井裕樹と石橋杏奈が結婚 連名で発表 今月初旬にハワイで挙式についてまとめてみた

    1 muffin ★ :2018/12/13(木) 15:05:18.05 ID:CAP_USER9.net

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/13/kiji/20181213s00001173212000c.html
    2018年12月13日 15:00

     プロ野球・楽天の松井裕樹投手(23)と女優の石橋杏奈(26)が結婚したことを13日、発表した。この日、都内の区役所に2人で婚姻届を提出。すでに今月初旬にハワイで挙式したことも報告した。

     2人は球団と石橋の所属事務所を通じ、連名で結婚を報告。松井は「これからは妻のため、そして日頃より応援してくださるファンの皆さまの期待に応えるため、より一層野球に精進してまいります」と決意を新たに。
    石橋は「彼の野球に対するまっすぐな姿勢や素直で無邪気な性格に惹かれ傍に居たいと思うようになりました。彼の活躍が2人の幸せでもあるので 日々刺激をもらいながら私も出来る限りのサポートをしていきたいと思っております。これからは夫婦としてどんなときも手を取りあい思いやりの気持ちをもって共に歩んでいきたいと思います」と思いをつづった。

     関係者によると、ハワイでの挙式は今月8日(日本時間9日)。石橋は妊娠しておらず、芸能活動を継続し、仕事と家庭の両立を目指す。同居はまだしていない。

     2人の交際は6月に発覚。8月7日付のスポニチ本紙が12月にハワイで挙式することを報じていた。出会いは昨年6月、共通の知人が開いた食事会。昨年11月頃から交際をスタートさせ、松井が遠征で東京に来た時などに食事デートをするなど愛を育んでいた。

     松井は、入団2年目の15年から守護神として3年連続30セーブを達成。昨年3月のWBCではチーム最年少で侍ジャパン入りも果たした。今季は53試合に登板し、9月16日には史上最年少22歳10カ月で通算100セーブを達成した。

     石橋は、06年のホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞。清純派女優として活躍し、演技力も高い評価を受けている。私生活では、4年ほど前から料理を母親に習うなどして始め、今では趣味に。得意料理には手間の掛かるビーフシチューを挙げるほど、腕を上げている。野球好きで知られ、福岡出身のソフトバンクファン。17年には開幕戦の始球式も務めた


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【野球/女優】楽天・松井裕樹と石橋杏奈が結婚 連名で発表 今月初旬にハワイで挙式】の続きを読む


    体操“パワハラ”認定せず 指導との境界は 体操“パワハラ”認定せず 指導との境界は
    …今年8月、体操の宮川紗江選手がパワハラの被害を訴えた。宮川紗江選手(8月29日)「家族でどうかしている、宗教みたいだと、終始、高圧的な態度で言われまし…
    (出典:社会(日本テレビ系(NNN)))



    (出典 hirosroom.com)


    【悲報】体操黒子こと宮川紗江(19)さんに対するパワハラ問題の件、パワハラ認定されずについてまとめてみた

    1 風吹けば名無し :2018/12/11(火) 14:58:11.88 ID:DzNq9knBd.net

    日本体操協会は10日、16年リオ五輪代表の宮川紗江(高須クリニック)
    をめぐるパワハラ問題についての第三者委員会の報告書を公表した。

    塚原千恵子氏による宮川と速見コーチの引き離し行為は「認められない」
    とし、今年7月15日の塚原光男、
    千恵子両氏による宮川へのパワハラ行為についても

    「配慮に欠け不適切な点が多々あったとはいえ、悪性度の高い
    否定的な評価に値する行為であるとまでは客観的に評価できない」とした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000162-sph-spo


    【【悲報】体操黒子こと宮川紗江(19)さんに対するパワハラ問題の件、パワハラ認定されず】の続きを読む

    このページのトップヘ