さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。

    カテゴリ: テレビ


    勢いはキャラだけじゃない!「今日から俺は!!」2日連続第1位に【視聴熱TOP3】
    勢いはキャラだけじゃない!「今日から俺は!!」2日連続第1位に【視聴熱TOP3】  webザテレビジョン
    (出典:webザテレビジョン)


    今日から俺は!!』(きょうからおれは)は、西森博之による日本の漫画作品。またそれを原作にしたOVA作品及び実写作品(オリジナルビデオと劇場公開映画、テレビドラマ)。通称「今日俺」。 増刊少年サンデー(小学館)にて1988年9月号から1990年8月号まで連載、その後掲載誌を週刊少年サンデー(小学館)
    98キロバイト (15,858 語) - 2018年10月16日 (火) 12:19



    (出典 www.ntv.co.jp)


    【今日から俺は!!】初回視聴率9.8% 人気ヤンキーマンガを福田雄一監督×賀来賢人主演で実写化についてまとめてみた

    1 ばーど ★ :2018/10/15(月) 16:17:57.57 ID:CAP_USER9.net

    10/15(月) 9:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000002-mantan-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    連続ドラマ「今日から俺は!!」第1話の一場面=日本テレビ提供
     西森博之さんの人気ヤンキーマンガを映画「銀魂」などの福田雄一監督が実写化した連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第1話が14日に放送され、平均視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

     ドラマは、1988~97年にマンガ誌「増刊少年サンデー」(小学館)と「週刊少年サンデー」(同)で連載された西森さんのマンガが原作。80年代初頭を舞台に、金髪パーマの三橋貴志(賀来賢人さん)と、“トンガリ頭”の伊藤真司(伊藤健太郎さん)のツッパリコンビが、他校の不良たちとけんかしたり、騒動に巻き込まれたりする姿を描く青春コメディー。

     第1話は、“ツッパリ全盛期”の80年代、高校生・三橋は、転校を機に金髪パーマにイメチェンし、生粋のツッパリを装って転校デビューをする。三橋は、転校先の私立軟葉高校で、同じく転校生のトゲトゲ頭のツッパリの伊藤と出会う。実は伊藤は、前日に同じパーマ屋でイメチェンした“同類”だった。2人は、転校早々にけんかをふっかけてきた不良たちに勝利したことをきっかけに、同じ秘密を共有する相棒としてツッパリ道を進むことに。そんな中、2人のうわさを聞きつけた成蘭女子校の女番長・早川京子(橋本環奈さん)らスケバンたちが三橋を訪ねてきて……という展開だった。

    ★1が立った時間 2018/10/15(月) 10:17:04.30
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539566224/


    【【今日から俺は!!】初回視聴率9.8% 人気ヤンキーマンガを福田雄一監督×賀来賢人主演で実写化★2】の続きを読む


    有働由美子「news zero」の視聴率 2週間で視聴率は半分に
    有働由美子「news zero」の視聴率 2週間で視聴率は半分に  livedoor
    (出典:livedoor)


    有働 由美子(うどう ゆみこ、1969年3月22日 - )は、日本のフリーアナウンサー、ジャーナリスト。元NHKアナウンサー。ナチュラルエイト所属。 鹿児島県日置郡郡山町(現・鹿児島市)で生まれ、兵庫県、大阪府で育つ。両親は熊本県の出身。妹が1人いる。趣味は読書、旅行、料理など。剣道2段。中学・高校
    43キロバイト (5,711 語) - 2018年10月10日 (水) 01:09



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【テレビ】有働由美子の「NEWS ZERO」 2週間で視聴率“半分”に 5%割れの日もについてまとめてみた

    1 シャチ ★ :2018/10/15(月) 19:30:58.29

    10/15(月) 19:26配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000114-dal-ent
     今年3月でNHKを退職したフリーアナウンサー、有働由美子(49)がキャスターを務めることで注目を集め、今月1日にスタートした日本テレビ系「news zero」の視聴率が、大方の予想に反して下降線をたどっていることが15日、分かった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ)

     1日の初日は10・0%と高視聴率をマーク。2日目も10・4%と2日連続で10%の大台を超えたことが話題になったが、その後は下降傾向が続き、12日は4・6%と新生「zero」では最低を記録。もともと金曜日の数字が低かった同番組だが、初日の数字の半分にも届かないことを想像した人は少なかっただろう。

     スタートから2週間を終えた時点での平均視聴率は7・67%(デイリースポーツ集計)と低迷している。

     新しくなった「zero」は、これまでの夜のニュース番組とは趣を変え、どちらかといえば「あさイチ」的情報番組の色合いがみられる。

     ◆有働「zero」の視聴率推移◆ 1日 10・0%、2日 10・4%、3日 7・9%、4日 8・4%、5日 6・6%、8日 8・4%、9日 8・2%、10日6・3%、11日5・9%、12日4・6%。

     一方、同時間帯のTBS系「NEWS 23」は1日 3・8%、2日 4・5%、3日 4・5%、4日 4・5%、5日 5・1%、8日 4・8%、9日 3・4%、10日3・6%、11日4・4%、12日 3・8%(※視聴率は前半46分間のもの)となっている。


    【【テレビ】有働由美子の「NEWS ZERO」 2週間で視聴率“半分”に 5%割れの日も】の続きを読む


    西郷どん放送中に「ノーノー」テロップ 「涙引っ込んだ」と批判
    西郷どん放送中に「ノーノー」テロップ 「涙引っ込んだ」と批判  livedoor
    (出典:livedoor)



    (出典 biz-journal.jp)


    【ドラマ】<西郷どん>号泣演技中に「巨人・菅野投手がノーヒットノーランCSで初の快挙」の速報テロップが入り炎上「雰囲気ぶち壊し」についてまとめてみた

    1 Egg ★ :2018/10/16(火) 00:57:06.22

     14日に放送されたNHKの大河ドラマ『西郷どん』の第38回「傷だらけの維新」でのあるシーンが、ネット上で話題になっている。

     先週の放送では江戸無血開城が実現したものの、この日の放送でも旧幕臣や浪士の抵抗は続き、吉之助(鈴木亮平)の弟である吉二郎(渡部豪太)が戦死してしまう。物語の終盤、知らせを受け吉之助がむせび泣くというシーンが描かれたが、今回問題となっているのはこの吉之助が号泣しているシーン。放送終了間際ということもあり視聴者も感極まっていたタイミングで、画面上に「巨人・菅野智之投手がノーヒットノーラン クライマックスシリーズで初の快挙」という速報が入ったのだ。

     災害関連の速報ではない上、この日もっとも盛り上がるタイミングということもあり、視聴者からは不満の声が噴出。「雰囲気ぶち壊し」「緊急事態でもないのに速報入れないでほしい!」「終了5分前なんだからタイミング考えてよ…」「どうして自分たちで作品台無しにしてくの?」という声や、「吉之助はヤクルトファンだったのかな?」「西郷が完全にヤクルトファンになってしまった」といった揶揄まで聞かれている。

    「実は 大河ドラマを巡っては、2010年に放送された『龍馬伝』最終回での、龍馬暗殺という全編通してもっとも盛り上がるタイミングで『愛媛県知事、新人の中村時広氏 当選確実』という速報が入り物議に。NHKにも1時間で約200件の苦情が寄せられたとのことで問題にもなっており、今回の騒動で8年前の“黒歴史”を思い出した大河ファンは少なくなかったようです」(ドラマライター)

     しかし、スポーツでの快挙や選挙の当落がテレビで速報されることは珍しくなく、一部では「絶対に邪魔されたくないならBSで観ればいいのに」「テロップなんて気にしなきゃいいのに。難癖付け過ぎ」といった声も見受けられた。

     今回の速報に関して「緊急性はない」と感じた視聴者が多く、大河ドラマ放映後には毎回ニュースや気象情報などが放送されていることから、大きな騒動に発展した模様。『西郷どん』にとっては物語外のことで残念な炎上となってしまった。

    2018年10月15日 18時20分リアルライブ
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/52263141/


    【【ドラマ】<西郷どん>号泣演技中に「巨人・菅野投手がノーヒットノーランCSで初の快挙」の速報テロップが入り炎上「雰囲気ぶち壊し」】の続きを読む



    (出典 netatopi.jp)


    【DX視聴率7.8%最下位】笑いも視聴率も取れない老害低視聴率王ダウンタウン嫌いな芸人1位 108すべりについてまとめてみた

    1 名無しでいいとも!@放送中は実況板で :2018/10/12(金) 19:35:43.48

    文春が選出した嫌いな芸人アンケート1位の老害ダウンタウンwww

    老害ヌル枠王落ち目タレントダウンタウンは何回全番組視聴率一桁取れば気が済むんだw

    不人気ジャンクスポーツ サザエさんから6%も爆下げして視聴率一桁税割れ 8週連続視聴率一桁
    08/26日
    *5.6% 10:00-11:15 CX* ワイドナショー
    07/29日
    *9.4% 19:00-20:54 TBS 坂上&指原のつぶれない店SP
    *5.6% 19:00-19:57 CX* ジャンクSPORTS
    *6.0% 19:57-21:54 CX* ニチファミ!・RIZIN
    08/05(日)
    *9.5% 09:55-11:25 NTV 誰だって波瀾爆笑 中山秀征
    *9.1% 10:00-11:22 TBS サンデー・ジャポン
    *5.7% 10:00-11:15 CX* ワイドナショー
    06/22金
    *6.6% 21:55-22:52 CX* ダウンタウンなう
    06/20水
    *6.7% 22:00-23:07 TBS 水曜日のダウンタウン

    05/06日
    11.0% 18:30-19:00 CX* サザエさん
    *6.3% 19:00-19:57 CX* ジャンクSPORTS
    10.3% 18:57-20:54 EX* ビートたけしのスポーツ大将
    04/19木
    *7.8% 21:00-22:54 NTV ダウンタウンDXDX沖縄公開収録スペシャル2018 日本テレビ全番組の中で最下位視聴率
    04/09月
    *5.5% 22:30-00:04 CX* HEY!HEY!NEO!
    03/29木
    *9.9% 21:00-22:54 NTV ダウンタウンDXDX風水開運自宅大公開スペシャル
    03/30金
    *7.4% 21:55-22:52 CX* ダウンタウンなう
    03/02金
    *7.2% 21:55-22:52 CX* ダウンタウンなう
    02/11
    *6.5% 19:00-19:57 CX* ジャンクSPORTS
    02/25
    *7.0% 19:00-19:57 CX* ジャンクSPORTS

    02/23金
    *5.7% 21:55-22:52 CX* ダウンタウンなう

    02/21水
    *6.3% 22:00-22:54 TBS 水曜日のダウンタウン
    02/09金
    7.3% 21:55-22:52 CX* ダウンタウンなう
    01/24水
    *7.8% 22:00-22:54 TBS 水曜日のダウンタウン 17週連続視聴率一桁税割れ
    12/20水
    *7.6% 22:00-22:54 TBS 水曜日のダウンタウン

    「第10回キングオブコント」(2017年10月1日):9.7%

    ベスト50・10/9(月)~10/15(日)
    サンジャポ11.3%
    波瀾爆笑11.2 %

    ヌル枠置物王低視聴率タレントダウンタウンのせいで各局、莫大な被害を受けてます
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/tvd/1539254731/


    【【DX視聴率7.8%最下位】笑いも視聴率も取れない老害低視聴率王ダウンタウン嫌いな芸人1位 108すべり】の続きを読む


    ケンシロウまさかの6位! 「北斗の拳」人気投票の意外な結果...なぜ?1位は?
    ケンシロウまさかの6位! 「北斗の拳」人気投票の意外な結果...なぜ?1位は?  livedoor
    (出典:livedoor)


    北斗の拳』(ほくとのけん)は、原作:武論尊、作画:原哲夫による日本の漫画作品。およびそれを原作・題材としたテレビアニメ(1984年)・ゲームなどを指す。 本項では原作である漫画を中心に、その関連作品についても述べる。 核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、争いが繰り返されるという最終戦争後の19
    71キロバイト (9,888 語) - 2018年10月12日 (金) 02:13



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【漫画】ケンシロウまさかの6位!「北斗の拳 国民総選挙」の意外な結果...なぜ?1位・ラオウ、2位・レイ、3位・サウザー についてまとめてみた

    1 ばーど ★ :2018/10/12(金) 18:36:12.12

    1位・ラオウ、2位・レイ、3位・サウザー――漫画「北斗の拳」35周年を記念して行われたキャラクター人気投票の結果に、ちょっとした驚きが広がっている。

    主人公・ケンシロウが五傑入りを逃す一方、ベスト20には原作ファンからするとちょっと意外なキャラの名も。いったい何が? 「月刊コミックゼノン」発行元のノース・スター・ピクチャーズに取材すると......。世代を超えて続く「北斗」人気、その秘密の一端が見えてきた。

    ■ジュウザの方が一枚上に

    「北斗の拳 国民総選挙」と題したこの人気投票は、「週刊少年ジャンプ」での連載開始(1983年)から、35年を迎えたことを記念して実施されたものだ。投票は2018年7~8月にかけてサイト上で受け付け、ケンシロウら主要人物はもちろんのこと、一瞬で敗北したザコ敵や、「ジャギの石像の前で埋められ命乞いをする男」のような名もなき群衆まで、総勢175キャラがエントリーした。連載中、ジャンプ誌上で小規模に実施されたものを除けば、公式による本格的なキャラクター投票は初の試みという。

    注目したいのはその結果である。1位は、「世紀末覇者拳王」として覇道を突き進み、ケンシロウと死闘を繰り広げたラオウ。2位には、南斗水鳥拳の伝承者で、ケンシロウとともに戦ったレイ。続いて、「聖帝」を名乗りケンシロウを追い詰めた、南斗鳳凰拳のサウザーが3位にランクインする。

    あれ、ケンシロウは?――とランキングを追うと、まさかの6位に。南斗五車星・雲のジュウザ(5位)にさえ一歩遅れを取る。「月刊コミックゼノン」11月号に掲載されたこの結果がネット上で拡散されると、「意外」の声が続出、「どんまいケンシロウ!」「主人公なのに...」といった書き込みも相次いだ。

    「ゼノン」発行元のノース・スター・ピクチャーズ(東京都)の広報担当者は、こう分析する。

    ■「ラオウ1位」は予想通りだった

    「『北斗の拳』には、ケンシロウだけでなく、それに匹敵するような強力な印象を持つキャラクターが、多く登場します。投票していただいた方々は、そんなキャラクターに、自分の憧れや理想を投影してくださったのではないでしょうか」

    たとえばラオウだ。荒廃した世紀末に自らの覇道を貫き、最期は「我が生涯に一片の悔いなし」の言葉とともに天に帰った。一漫画のキャラながらその生き様は、今も「男の理想」として、テレビや雑誌などでたびたび取り上げられる。「1位は予想通り」と担当者が語るのも納得だろう。

    あるいは「義」と「愛」に生きたレイ、「自由」を貫き、短い出番ながら強烈な印象を与えたジュウザら、確かに上位には、大人になった読者からも「憧れ」を誘うようなキャラが並ぶ。

    もう一つ、影響を与えたのは、近年のスピンオフだ。「北斗」は今も外伝や、パロディー作品などを積極的に展開しており、特に2013年開始の「北斗の拳 イチゴ味」は、原作の画風を忠実に再現しながら本家ではありえないようなギャグを連発、アニメ化もされる人気作となっている。

    今回の投票では、「イチゴ味」の主役であるサウザーが3位に食い込み、また「ターバンの少年」(原作では名無しのチョイ役だが、「イチゴ味」では執拗に登場する)が16位に入った。こうした「イチゴ味」組の躍進は、スピンオフ展開を通じ、今も新しいファンを取り込んでいることの表れだ。

    ■下位の発表予定「今のところ」ないが...

    さらに、「でかいババァの男」(9位)「火炎放射の男」(15位)ら、本編ではあっけなく倒されたものの、ファンの間で「ネタ」として愛され続けている雑魚も、上位に顔をそろえる。こうして見ると、主人公・ケンシロウ6位という一見「残念」な結果は、「北斗」ワールドの層の厚さゆえ、と分析することもできる。

    広報担当者も感激しきりだ。

    以下全文はソース先で

    (出典 www.j-cast.com)


    (出典 www.j-cast.com)


    (出典 www.j-cast.com)


    (出典 www.j-cast.com)


    2018/10/12 07:00
    https://www.j-cast.com/2018/10/12340791.html?p=all

    ★1が立った時間 2018/10/12(金) 10:25:45.13
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539318852/


    【【漫画】ケンシロウまさかの6位!「北斗の拳 国民総選挙」の意外な結果...なぜ?1位・ラオウ、2位・レイ、3位・サウザー ★4】の続きを読む

    このページのトップヘ