さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。

    カテゴリ: 番組


    『科捜研の女』4月から1年間放送 - エンタメ - asahi.com
    女優・沢口靖子が主演するテレビ朝日系人気ドラマシリーズ『科捜研の女』の「正月スペシャル」が3日に放送され、そのエンディングで、主人公の榊マリコ(沢口)から「重大 ...
    (出典:asahi.com)



    (出典 vmimg.vm-movie.jp)


    【ドラマ】 科捜研の女:新シーズンは19年4月から1年間放送 沢口靖子「息切れしないようゴール目指したい」 についてまとめてみた

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/01/03(木) 23:17:59.59

    2019年01月03日 テレビ
     女優の沢口靖子さんが主演を務める人気ドラマシリーズ「科捜研の女」(テレビ朝日系)の新シーズンが、2019年4月から20年3月までの1年間放送されることが、明らかになった。3日放送の「科捜研の女 正月スペシャル」のエンディングで発表された。

     今年は同ドラマ放送20周年と、テレビ朝日開局60周年を迎える節目の年で、ドラマは「テレビ朝日開局60周年記念 木曜ミステリー 科捜研の女」と題して放送される。

     「科捜研の女」は、京都府警科学捜査研究所、通称「科捜研」の法医研究員・榊マリコ(沢口さん)が、法医学、化学、文書鑑定などの専門技術を駆使して、現場に残された遺留品から研究所の仲間たちと事件の真相に迫る姿を描く人気ミステリードラマシリーズ。1999年にスタートし、昨年10月期には第18シリーズが放送された。

     ◇沢口靖子さんのコメント

     いつも「科捜研の女」を応援していただきありがとうございます。20周年を迎えた「科捜研の女」は、四季を通して皆様とともに木曜日の夜を過ごすことになりました。

     心は晴れやかに、けれど作品はこれまで通り堅実に緻密に、そしてテイストは彩り鮮やかに。科学と人間ドラマをお届けしたいと思います。1年を通して視聴者の皆様に楽しんでいただける作品をお届けしたい、とレギュラーメンバー全員が同じ思いを抱いております。

     心境としては、ハーフマラソンは経験していますが、初めてフルマラソンにチャレンジする、というところでしょうか。気力と体力を充実させて楽しく乗り切りたいと思います。息切れしないよう水分補給をしながら、皆様のご声援を糧にゴールを目指したいです。

     どうぞ、楽しみにしていてください!

    https://mantan-web.jp/article/20181229dog00m200140000c.html


    【【ドラマ】 科捜研の女:新シーズンは19年4月から1年間放送 沢口靖子「息切れしないようゴール目指したい」】の続きを読む



    (出典 www.fujitv.co.jp)


    【ドラマ】犬神家の一族:“犬神家”の集合写真公開…加藤シゲアキ、黒木瞳、賀来賢人の“スケキヨ”姿もについてまとめてみた

    1 湛然 ★ :2018/12/22(土) 05:09:51.19 ID:CAP_USER9.net

    2018年12月22日
    犬神家の一族:加藤シゲアキ、黒木瞳、賀来賢人の“スケキヨ”姿も 犬神家の集合写真公開

     人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキさん主演のスペシャルドラマ「犬神家の一族」(フジテレビ系)の、犬神家のキャストら11人が集合した写真が22日、公開された。加藤さんを筆頭に、黒木瞳さんや賀来賢人さん、松田美由紀さん、りょうさんら、豪華キャストが正座で並ぶ姿が写し出されており、犬神佐清(すけきよ)役の賀来さんはおどろおどろしいゴムマスク姿を披露している。

     写真は、犬神家の一族が大広間で一堂に会した重要なシーンの撮影日に、独特の緊張感が張り詰める中で撮られたという。写真には、金田一耕助役の加藤さん、犬神家の養女・野々宮珠世役の高梨臨さん、犬神佐智役の坂口涼太郎さん、佐智の父・犬神幸吉役の板尾創路さん、佐智の母・犬神梅子役のりょうさん、犬神佐武役の笠原秀幸さん、佐武の父・犬神寅之助役の佐戸井けん太さん、佐武の母・犬神竹子役の松田さん、犬神佐清役の賀来さん、佐清の母・犬神松子役の黒木さん、犬神家の顧問弁護士・古館恭三役の小野武彦さんが並んでいる。

     フジテレビの金城綾香プロデューサーは「これぞ“犬神家の一族”という1枚が撮れました。最高のキャストの皆様が一堂に会されたときには、打ち震えました」とコメントしている。

     「犬神家の一族」は、横溝正史の同名小説が原作。昭和22(1947)年、那須湖畔の本宅で、一代で犬神財閥を築いた犬神佐兵衛が莫大(ばくだい)な財産を残し、家族に見守られながら他界した。遺産の配当や相続者を記した遺言状は、長女の松子の一人息子、佐清が戦地から復員してから発表されることになっていた。ある日、犬神家の顧問弁護士の古館が勤務する法律事務所の若林からの「犬神家で近々、血みどろの事件が起きるのでそれを防いでほしい」という手紙を受け取った金田一耕助が、犬神家の本宅のある那須湖畔を訪れる……という展開。

     「スペシャルドラマ『犬神家の一族』」は24日午後9時半~同11時33分に放送される。


    スペシャルドラマ「犬神家の一族」のキャストの集合写真(C)フジテレビ

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    https://mantan-web.jp/article/20181221dog00m200063000c.html


    【【ドラマ】犬神家の一族:“犬神家”の集合写真公開…加藤シゲアキ、黒木瞳、賀来賢人の“スケキヨ”姿も】の続きを読む


    玉川徹氏、聖夜の悲しい過去明かす 彼女から新恋人を紹介されて… 黒柳「憎まれがちですけど…」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
    テレビ朝日解説委員の玉川徹氏(55)が24日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 nyarunuko.com)


    【テレ朝】玉川徹氏、聖夜の悲しい過去明かす 彼女から新恋人を紹介されて… 黒柳「憎まれがちですけど…」についてまとめてみた

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/12/24(月) 15:44:25.63 ID:CAP_USER9.net

     テレビ朝日解説委員の玉川徹氏(55)が24日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)に、フリーアナウンサーの羽鳥慎一アナウンサー(47)とともに出演した。

     MCの黒柳徹子(85)とは初対面。テレビ朝日社員でもある玉川氏は、「1度もお見かけしたことがなかったんです。実在したんだって、(会えて)うれしいです」とあいさつ。ほぼ毎日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)を見ているという黒柳は、玉川氏の印象について「初めから身構えてらっしゃいますよね。どんな内容が出ようと、ぶつかるぞっていう感じがします」と指摘した。

     “刺激的”なコメントで知られ、発言がインターネットで炎上することも多い玉川氏。「羽鳥慎一モーニングショー」が始まる時に羽鳥アナと話して、僕は悪役やるから。羽鳥さんは悪い面はなくて出せないからって。悪役とヒーローでやりましょうっていう話をした」と明かした。

     クリスマスの思い出では、失恋話を披露。当時、付き合っていた女性とレストランで待ち合わせしていたら、女性が男性と現れ「今度、この人を付き合うことになった」と別れを告げられたことを明かした。独身だが「独身主義ではない。ご縁がないということだと思います」とし、「テレビ朝日から月給をもらって生活してます。父と母は宮城で生活してまして、ちょっと仕送りしています」と私生活も告白。黒柳は、最後に「こんないい方だと思わなかった。これくらい硬派な方がいた方が番組はうまくいくと思います。憎まれがちですけど、国際的な感覚をお持ちで」と話していた。

    [ 2018年12月24日 13:26 ]
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/24/kiji/20181224s00041000141000c.html


    【【テレ朝】玉川徹氏、聖夜の悲しい過去明かす 彼女から新恋人を紹介されて… 黒柳「憎まれがちですけど…」】の続きを読む


    "紅白"審査員に安藤サクラら - ニフティニュース
    第69回NHK紅白歌合戦のゲスト審査員11人が19日、同局から発表された。顔ぶれは以下の通り。阿部サダヲ(俳優)、安藤サクラ(俳優)、池江璃花子(競泳選手)、小平 ...
    (出典:ニフティニュース)



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【NHK紅白】審査員決まる、阿部サダヲ、安藤サクラ、出川哲朗、小平奈緒、池江璃花子、長谷部誠ら 上沼恵美子の名はなしについてまとめてみた

    1 muffin ★ :2018/12/19(水) 15:25:05.89 ID:CAP_USER9.net

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/19/kiji/20181219s00041000135000c.html
    2018年12月19日 15:02

     大みそかの「第69回紅白歌合戦」の審査員に俳優の阿部サダヲ、女優の安藤サクラらが19日、決まった。同日行われた放送総局長会見で発表になった。

     今回発表になったゲスト審査員は11人。阿部、安藤のほか、共演選手の池江璃花子、スピードスケートの小平奈緒、俳優の佐藤健、お笑い芸人の出川哲朗、女優の永野芽郁、歌舞伎俳優の中村勘九郎、俳人の夏井いつき氏、狂言師の野村萬斎、サッカー選手の長谷部誠。

     木田幸紀放送総局長は「『半分、青い。』『いだてん』のようなNHKのドラマに出演者、平昌五輪、サッカーW杯、アジア大会などで活躍されたアスリート、各界で人気となった方々など、大変にバラエティーに富んだ方々にお願いすることができた」と期待を寄せた。

     一部でお笑いタレントの上沼恵美子名前も上がっていたが、上沼の名前はなかった。


    【【NHK紅白】審査員決まる、阿部サダヲ、安藤サクラ、出川哲朗、小平奈緒、池江璃花子、長谷部誠ら 上沼恵美子の名はなし】の続きを読む


    「面白かった80年代のTVドラマランキング」が決定 - PR TIMES
    株式会社CMサイトのプレスリリース(2018年12月8日 10時00分)[面白かった80年代のTVドラマランキング]が決定.
    (出典:PR TIMES)



    (出典 logo-imagecluster.img.mixi.jp)


    【ドラマ】<面白かった80年代のTVドラマランキング>3位 男女7人夏物語・男女7人秋物語、2位 あぶない刑事シリーズ、1位は?についてまとめてみた

    1 Egg ★ :2018/12/16(日) 18:56:20.61

    日本にとっては昭和55年から平成元年までの10年間にあたる、1980年代。
    日本の自動車生産台数が遂に世界一となり、80年代後半はバブルによって日本経済の絶頂期を迎えた大変革期。80年代最後の1年は昭和から平成に改元し、消費税が導入された。

    その頃、大人気だったTVドラマは何だっただろう?
    株式会社CMサイトのランキングサイト「ランキングー!」(https://rankingoo.net/ )が40~60代の男女7,763名を対象に行った「面白かった80年代のTVドラマは?」というアンケート調査から ランキングを紹介しよう。

    * * *

    ■面白かった80年代のTVドラマランキング

    1位 必殺仕事人シリーズ

    「表のとぼけた間抜け面と、裏の始末屋としての凄みの顔の対比は面白かった」
    「悪を懲らしめる場面が、クールでスカッとするから好き」
    「今でも再放送を見ると面白い。その時代の流行や事件をネタにしているものがある」
    「京本さんが綺麗で当時びっくりした」
    うだつのあがらない昼行燈の顔から、夜の裏稼業での颯爽とした仕事人のギャップがカッコよかった藤田まこと演じる中村主水。飾り職人の秀(三田村邦彦)や三味線屋の勇次(中条きよし)など二枚目俳優の仕事人に対しての女性ファンも多かった。2007年からは、東山紀之主演で制作されており、今年(2018年)もスペシャルが放送された。

    2位 あぶない刑事シリーズ

    「タカ&ユージ、そしてカオルちゃんのやり取りはいつみても面白い」
    「舘ひろしがやたらと恰好良くて面白かった」
    「舘ひろしと柴田恭兵の絡みが面白いのと、本当に危なくてハラハラしたので」
    タカ&ユージ、2人のハンサムでダンディな魅力が炸裂する刑事シリーズ。劇場映画第7作『さらばあぶない刑事』が2016年に公開され、これをもってシリーズ完結となった。

    3位 男女7人夏物語・男女7人秋物語

    「当時さんまさんのファンでめちゃハマってみていた」
    「7人の個性が色々であり、男女の恋に絡んで、ストーリーが面白かった」
    「夏物語の方が好きです。さんまさんと鶴ちゃんが好き」
    明石家さんま主演の男女7人の恋心が交錯する青春群像劇。明石家さんまと大竹しのぶはこのドラマで出会ったと言われている。「夏物語」は1986年7月~9月放送、翌年10月~12月に「秋物語」が放送された。

    4位 西部警察

    「派手な爆破、炎上、アクション、カースタントが懐かしい」
    「石原裕次郎、渋くてカッコよかったです」
    「小学生の頃からのファン、小樽にも行ってきた。テレビで放送してほしい」
    今では考えられないアクションにカースタント。爆発・炎上のシーンは大迫力だった。

    5位 ふぞろいの林檎たち

    「当時の役者さんがみんな大物になっているから」
    「中井貴一、柳沢慎吾!配役がいい」
    「青春!ハマってた。とにかく懐かしい」
    サザンオールスターズの主題歌「いとしのエリー」も懐かしい、「ふぞろいの林檎だち」が第5位。中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾、手塚理美と豪華なキャストに山田太一の脚本も素晴らしい。

    【6位以下はこちら】

    6位
    3年B組金八先生シリーズ

    7位
    毎度おさわがせします

    8位
    池中玄太80キロ

    9位
    金曜日の妻たちへ

    10位
    熱中時代

    * * *

    いかがだっただろうか。息の長いシリーズものはやはり人気も長く続いているようだ。あなたの好きだったドラマは入っていましたか?

    調査方法:40~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
    有効回答者数:7,763名
    調査日:2018年6月15日

    サライ.jp / 2018年12月16日 12時0分
    https://news.infoseek.co.jp/article/serai_346041/


    【【ドラマ】<面白かった80年代のTVドラマランキング>3位 男女7人夏物語・男女7人秋物語、2位 あぶない刑事シリーズ、1位は?】の続きを読む

    このページのトップヘ