さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。

    カテゴリ: 社会


    重い心臓病の1歳男児 渡米移植へ両親が寄付募る
    重い心臓病の1歳男児 渡米移植へ両親が寄付募る  神戸新聞
    (出典:神戸新聞)


    心臓病(しんぞうびょう、英: heart disease)は、心臓の疾患の総称で、心疾患(しんしっかん)とも呼ばれる。全身へ血液を送るポンプという性質上、重篤な症状を起こすものも多い。 左心不全 右心不全 感染性心内膜炎(IE) 非細菌性血栓性心内膜炎(NBTE) 僧帽弁狭窄症 僧帽弁閉鎖不全症
    5キロバイト (603 語) - 2018年6月20日 (水) 01:35



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    【兵庫】重い心臓病の1歳男児 渡米移植へ両親が寄付募る 3億5千万円が必要についてまとめてみた

    1 ばーど ★ :2018/09/25(火) 20:29:42.88


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    重い心臓病を患う兵庫県尼崎市の川崎翔平ちゃん(1)の渡米移植の費用をねん出するため、両親と支援団体代表らが25日、兵庫県庁(神戸市中央区)で会見し、医療用航空機による渡航費や治療費に充てる募金への協力を呼び掛けた。総額約3億5千万円が必要といい、同日、神戸・元町駅前に立つなど、街頭での募金活動も始めた。

    【写真】川崎翔平ちゃん

    (出典 i.kobe-np.co.jp)


    翔平ちゃんは現在1歳3カ月。胎児の時、全身に血液を送る心臓の力が弱くなる「拡張型心筋症」と診断された。生後およそ半年後から大阪府内の病院で何度も手術を受け、現在は子どもとしては全国で初となる二つの補助人工心臓を装着している。

    ただ、主治医によると、現状では脳梗塞や感染症など合併症を引き起こすリスクがある上、体の成長に合わせて人工心臓を入れ替える必要がある。さらに、国内での子どもの心臓移植は年に1例あるかないかといい、両親は症例の多い米国で早期の移植手術に望みを懸ける決断をした。

    会見に臨んだ父の太志さん(30)は「小さな体で懸命に生きようとする息子の『生きたい』という心の叫びをあきらめたくない。どうか翔平に生きるチャンスをください」と声を振り絞り、母静葉さん(32)も「多くのことは望まない。ただ生きて、一度も帰ってきたことのないおうちに帰ってきてほしい」と話した。

    今後の活動予定は「しょうへいくんを救う会」(南崎好洋代表)のホームページに掲載される。寄付金の振込先はみずほ銀行尼崎支店の口座(普通、口座番号1739733)など。しょうへいくんを救う会※電話番号はソース先でご確認ください

    2018/9/25 19:50
    神戸新聞NEXT
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201809/0011673493.shtml


    【【兵庫】重い心臓病の1歳男児 渡米移植へ両親が寄付募る 3億5千万円が必要】の続きを読む


    ネトウヨはなぜ被害者ぶるのか。「新潮45」問題から見る議論を拒む保守論壇の傾向
    ネトウヨはなぜ被害者ぶるのか。「新潮45」問題から見る議論を拒む保守論壇の傾向  wezzy
    (出典:wezzy)


    ネット右翼 (ネトウヨからのリダイレクト)
    ネット右翼(ネットうよく)とは、インターネット上で右翼的な発言をする人々の総称。略称はネトウヨ。 インターネットの電子掲示板上などで、右翼的、国粋主義的、国家主義的、復古主義的な主張をする人たちを意味する。 メディアによっては「ネット保守」という用語を使用するものもある。 近年になって形成された新しいスラング
    105キロバイト (15,392 語) - 2018年9月18日 (火) 06:24



    (出典 tr.twipple.jp)


    【緊急悲報】「新潮45 休刊」ネトウヨまた大敗北についてまとめてみた

    1 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [DE] :2018/09/25(火) 17:31:29.32


    「新潮45」休刊のお知らせ
    https://www.shinchosha.co.jp/news/20180925.html


    【【緊急悲報】「新潮45 休刊」ネトウヨまた大敗北】の続きを読む


    「新潮45」の論文騒動 杉田水脈議員に離党や除名処分の可能性
    「新潮45」の論文騒動 杉田水脈議員に離党や除名処分の可能性  livedoor
    (出典:livedoor)


    杉田 水脈(すぎた みお、1967年4月22日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(2期目)。新しい歴史教科書をつくる会理事。鳥取大学農学部卒。 兵庫県神戸市垂水区生まれ。親和中学校・親和女子高等学校を経て、1990年、鳥取大学農学部林学科卒業。同年4月積水ハウス木造(199
    50キロバイト (6,531 語) - 2018年9月23日 (日) 14:15



    (出典 www.asahicom.jp)


    【月刊誌】新潮社、「新潮45」の休刊を発表 杉田水脈氏の寄稿文問題で批判についてまとめてみた

    1 ストラト ★ :2018/09/25(火) 17:42:02.61

    新潮社が9月25日、月刊誌「新潮45」の休刊を公式サイトで発表した。

    「新潮45」をめぐっては、杉田水脈氏が同性愛者について「生産性がない」と記した寄稿文を掲載し、10月号でその論文を擁護する特集を組んで批判を浴び、社長が9月21日付けで「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」があったと認める声明を出す事態になっていた。

    新潮社は「会社として十分な編集体制を整備しないまま『新潮45』の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました」と宣言した。

    休刊を知らせる発表文によると、同誌は「ここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否め」ないと認め、「その結果、『あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現』(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します」と謝罪した。

    お知らせ文は「これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です」と締めくくっている。

    新潮社が発表した「休刊のお知らせ」全文は以下の通り。

    --

    「新潮45」休刊のお知らせ

    弊社発行の「新潮45」は1985年の創刊以来、手記、日記、伝記などのノンフィクションや多様なオピニオンを掲載する総合月刊誌として、言論活動を続けてまいりました。

    しかしここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。

    会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。

    これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。

    今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。

    2018年9月25日
    株式会社 新潮社

    --

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00010003-huffpost-soci


    【【月刊誌】新潮社、「新潮45」の休刊を発表 杉田水脈氏の寄稿文問題で批判】の続きを読む


    新潮45の特集受け...小説家、翻訳家が執筆・刊行取りやめの意志を表明
    新潮45の特集受け...小説家、翻訳家が執筆・刊行取りやめの意志を表明  ハフィントンポスト
    (出典:ハフィントンポスト)


    新潮45(しんちょうよんじゅうご)とは、新潮社から発行されている月刊誌の一つ。 1982年4月に5月号で創刊。創刊時の誌名は『新潮45+』(しんちょうよんじゅうごぷらす)で、当初は45歳以上の中高年以上を対象とし、生き甲斐と健康情報をテーマにし、文化人が寄稿していた。創刊CMでも活字が大きくて
    16キロバイト (2,131 語) - 2018年9月25日 (火) 09:16



    (出典 img.fujisan.co.jp)


    「新潮45」 休刊のお知らせについてまとめてみた

    1 ばーど ★ :2018/09/25(火) 17:35:34.31

    「新潮45」休刊のお知らせ

    弊社発行の「新潮45」は1985年の創刊以来、手記、日記、伝記などのノンフィクションや多様なオピニオンを掲載する総合月刊誌として、言論活動を続けてまいりました。
    しかしここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。
    会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。
    これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。
    今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。


    2018年9月25日
    株式会社 新潮社

    https://www.shinchosha.co.jp/news/20180925.html






    【「新潮45」 休刊のお知らせ】の続きを読む



    (出典 i2.wp.com)


    【兵庫】「この子に空を飛べというのか」「障害を理由に入学拒否した差別だ」 高校入試で定員内不合格 「学びたい」に応える環境をについてまとめてみた

    1 樽悶 ★ :2018/09/24(月) 06:51:24.80

    識字教室「星空」で増住恵さん(左)から褒められ、喜ぶ権田祐也さん=神戸市兵庫区で、桜井由紀治撮影

    (出典 cdn.mainichi.jp)


     今春、重度脳性まひの中学男子生徒が、夜間定時制の神戸市立楠高校(同市兵庫区)を受験、受験者数が募集人員を下回る定員割れだったのに不合格となった。兵庫県淡路市の権田祐也さん(16)。県内の公立高校入試でただ一人の「定員内不合格」だった。卒業後の行き場を失った祐也さんは、楠高校内にある識字教室に通うが、「高校生になりたい」という思いは消えない。障害者の定員内不合格は全国の高校で相次ぐ。共に学ぶとは何かを考える。

    週2日の識字教室

     「東京五輪は何年に開かれますか。五つの中から答えを選びなさい」。楠高校元教師の増住恵さん(65)が読み上げる選択肢の一つ「2020年」に、祐也さんは「うん」と大きくうなずく。「正解。よく分かったな」。増住さんに褒められ、彼は顔をくしゃくしゃにして喜んだ。

     楠高校の図書室にある識字教室「星空」。学ぶ機会に恵まれなかった高齢者や在日外国人ら約20人が読み書きを習う。春以降、家にこもりがちでストレスをためる祐也さんを知った増住さんが、ボランティア講師をする星空に誘った。母由記子さん(43)が付き添い5月から通う。週2日80分程度の学習時間だが、彼にとって唯一の学びの場だ。

     祐也さんは身体障害者手帳1級の最重度で、自ら体を動かせず全面介助が必要だ。話すことができず筆記も取れないが、「はい」「いいえ」の意思表示はできる。増住さんは選択肢問題ばかりのプリントを作り、一対一で教える。「教える側に彼とつながろうという意識さえあれば、通じ合える」と手応えを感じる。

     人との関わりが大好きな祐也さんは、すっかり教室に溶け込んでいる。家が貧しく学校に通えなかったという女性(76)は、別れ際「またね」と彼の手を握り、彼も笑顔で応える。70歳を過ぎて字を覚えた在日コリアンのハルモニ(おばあさん)は「星空に来る人はみんな仲間。学びたい気持ちは痛いほど分かる」と、優しいまなざしを向ける。

     親子が学習を終え校門を出る夕方、楠高校の生徒が登校してくる。合格していたら、この中に息子もいたはずだ。そう思うと、由記子さんはつらい。祐也さんも彼らを目で追いかける。「この子も高校生になりたいんだ」

    看護師配置の例なし

     祐也さんは障害のない子と一緒に地域の学校に通った。小学校のマラソンでは、級友が交代で彼の歩行器を押して走った。中学では野球部に所属。背番号をもらい、最後の試合は円陣の中心に入った。みんな嫌な顔ひとつせず、流れるよだれを拭いてくれた。彼らが自然に接することができるのは、幼い頃から地域で共に成長してきたからだ。

     祐也さんも友達から刺激を受けて伸びてきた。3桁同士の掛け算の筆算も解けるようになった。友達と同じように、高校へ行きたいという気持ちが芽生えた。代読・代筆者を付ける入試に備え、「はい」なら声を出して大きくうなずき、「いいえ」なら黙って首を横に振る訓練を重ねた。

     祐也さんは3歳の時胃ろう手術をしており、医療的ケアが必要だ。淡路市は、保育所、小中学校と彼の進学先に看護師を配置した。一方、神戸市は市立高校に看護師を配置した例がない。祐也さんを支援する障害当事者団体「障害者問題を考える兵庫県連絡会議」(障問連)の要請に対して、市教委は「受験者が合格した段階で、看護師配置を検討する」と約束していた。

     ところが祐也さんは80人の定員に対し61人が受験した今春の1次入試で唯一不合格、再募集の2次試験でも不合格だった。親子は1人だけ受験番号のない合格者名簿に、涙をあふれさせた。試験結果を開示請求すると、1次は全教科で得点、2次では1次を上回る点数の教科もあった。

     合否は、校内の判定委員会で決める。定員内不合格者を出す場合、神戸市では校長から市教委に報告、判定が妥当か協議する。毎日新聞の取材に、市教委は「個別の入試結果については答えられない」としながら、「当該校の判定は妥当だった」と強調する。

     合格発表直後、由記子さんは校長に不合格理由を聞いた。校長は「学校にはそれぞれ基準があって、不適合と判断した」などと説明。「どうやったら合格できるのか」と食い下がると、校長は「この1年間で彼が劇的に成長するとか」と発言したという。

     「障害を克服しろということか。この子に空を飛べというのか」。

    (続きはソース)

    毎日新聞 2018年9月23日
    http://mainichi.jp/articles/20180923/ddn/010/100/053000c?inb=ra
    ★1:2018/09/24(月) 03:50:35.59
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537728635/


    【【兵庫】「この子に空を飛べというのか」「障害を理由に入学拒否した差別だ」 高校入試で定員内不合格 「学びたい」に応える環境を★2】の続きを読む

    このページのトップヘ