さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。

    カテゴリ:事件 > 事故


    セグウェイで転倒か男性重体/八戸
    セグウェイで転倒か男性重体/八戸  47NEWS
    (出典:47NEWS)



    (出典 fanblogs.jp)


    49歳男性が意識不明、セグウェイで転倒か 国内では公道は運転禁止についてまとめてみた

    1 ばーど ★ :2018/11/04(日) 20:01:50.80 ID:CAP_USER9.net

    4日午前、八戸市の市道で電動式の立ち乗り2輪車、「セグウェイ」を運転していたとみられる49歳の男性が、意識不明の状態で倒れているのが見つかりました。
    警察は、現場の状況から男性が走行中に転倒したものとみて調べています。

    4日午前9時半ごろ、八戸市多賀台の市道で、「人が路上で倒れている」と通行人から消防に通報がありました。
    警察によりますと、倒れていたのは八戸市多賀台の会社員、今野修さん(49)で市内の病院に搬送されましたが、頭などを強く打ち、意識がない状態だということです。
    現場には今野さんが乗っていたとみられる電動式の立ち乗り2輪車が見つかったということです。
    セグウェイは、体重を移動させることで動く電動の立ち乗り自転車で、娯楽施設のアトラクションやゴルフ場での移動手段などとして導入が進んでいますが、国内では公道での運転が原則、禁止されています。
    警察は、今野さんがセグウェイを運転中に転倒したとみて、公道で運転していた経緯についても調べることにしています。

    11月04日 19時47分
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20181104/6080002909.html


    【49歳男性が意識不明、セグウェイで転倒か 国内では公道は運転禁止】の続きを読む


    日本製の車両に問題は無かったか?台湾脱線事故を識者が徹底検証
    日本製の車両に問題は無かったか?台湾脱線事故を識者が徹底検証  BLOGOS
    (出典:BLOGOS)



    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    台湾脱線事故に新たな真実?車両に設計ミス 製造元の日本企業が発表についてまとめてみた

    1 ガーディス ★ :2018/11/01(木) 19:53:25.73

     台湾東部の宜蘭県で先月起きた脱線事故で、特急「プユマ号」をつくった日本車両製造(名古屋市)は1日、車両に設計ミスがあったと発表した。本来は運転士が安全装置を切ると、その情報が運行を管理する指令に自動で伝わるはずだったが、ミスが原因で伝わらないようになっていた。「安全装置の機能自体には問題ない」(同社広報)としている。

     配線の接続で、納入先の台湾鉄道からの仕様書とは異なる設計になっていた部分があったという。

     事故は10月21日に発生。列車が高速のままカーブに進入して脱線し、200人以上が死傷した。速度が上がりすぎないようにする安全装置は、運転士が自分でスイッチを切ったとみられている。

    2018/11/1 19:37
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASLC15DSNLC1OIPE023.html


    【台湾脱線事故に新たな真実?車両に設計ミス 製造元の日本企業が発表】の続きを読む


    玉突き事故で3人死亡 兵庫、加古川バイパス
    玉突き事故で3人死亡 兵庫、加古川バイパス  日本経済新聞
    (出典:日本経済新聞)


    【兵庫】加古川バイパスで4台玉突き事故 母親と子ども2人が死亡 大型トラック2台に軽乗用車が挟まれ、トラックにめり込むについてまとめてみた

    1 ばーど ★ :2018/10/25(木) 18:16:50.33


    (出典 www.sankei.com)


     25日午前10時35分ごろ、兵庫県加古川市平岡町の加古川バイパス上り線で、トラックや軽乗用車など4台が絡む玉突き事故が発生した。兵庫県警高速隊によると、先頭と3台目のトラック2台の間に軽乗用車が挟まれて大破し、軽乗用車を運転していた30代女性と同乗の子供2人が死亡した。

     3台目のトラックの男性運転手(59)と、4台目のトラックの男性運転手(44)は病院に搬送されたが重軽傷。

     現場は片側2車線の直線道路で、事故は追い越し車線上で発生。先頭のトラックを運転していた男性(47)が119番した。県警や消防が軽乗用車内から女性と子供2人を外に出したが、すでに死亡していたという。

     高速隊は死亡した3人の身元を確認するとともに、詳しい事故原因を調べる。

    2018.10.25 13:51
    産経ニュース
    https://www.sankei.com/affairs/news/181025/afr1810250019-n1.html

    ※参考画像

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    ★1が立った時間 2018/10/25(木) 13:15:40.10
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540451296/


    【【兵庫】加古川バイパスで4台玉突き事故 母親と子ども2人が死亡 大型トラック2台に軽乗用車が挟まれ、トラックにめり込む★3】の続きを読む


    プユマ号脱線 原因は「速度超過」 運転士の過失の疑い=検察見解/台湾
    プユマ号脱線 原因は「速度超過」 運転士の過失の疑い=検察見解/台湾  中央社フォーカス台湾
    (出典:中央社フォーカス台湾)



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    【台湾特急脱線】速度計を見ずに目測で運転 制限80を140キロまで加速 運転士「ATP切った」についてまとめてみた

    1 サーバル ★ :2018/10/23(火) 17:53:17.99

     【台北=田中靖人】台湾北東部・宜蘭(ぎらん)県蘇澳(すおう)で21日に18人が死亡した特急列車の脱線事故で、宜蘭地方法院(地裁)は23日午前、運転士が身柄拘束の請求審査の際、「動力に問題があった」として、速度を自動制御する「自動列車防護装置(ATP)を切った」と証言したと発表した。

     地裁によると、運転士はATPを切ったまま速度計を見ずに目測で列車を運転したため、列車は時速140キロまで加速。速度制限80キロのカーブの手前でブレーキをかけたが間に合わず、列車を脱線させた。
     宜蘭地方検察署(地検)は22日深夜、業務上過失致死容疑で運転士の身柄拘束を申請。地裁は審理の結果、50万台湾元(約180万円)で保釈を認めた。

     運転士はけがを負って入院していたが、地検が22日午前から事情聴取を開始。ATPを切っていた疑いも含め聴いていたが、証言が一定しないため身柄拘束を申請していた。
    https://www.sankei.com/smp/world/news/181023/wor1810230025-s1.html

    ★1 :2018/10/23(火) 15:58:14.89

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540277894/


    【【台湾特急脱線】速度計を見ずに目測で運転 制限80を140キロまで加速 運転士「ATP切った」】の続きを読む


    台湾列車事故 直前に動力異常、運転士が通報
    台湾列車事故 直前に動力異常、運転士が通報  産経ニュース
    (出典:産経ニュース)



    (出典 portal.st-img.jp)


    【台湾列車脱線事故】事故直前に運転士が「動力の異常」を通報 車両は日本製 製造した日車両が台湾へ調査にについてまとめてみた

    1 ばーど ★ :2018/10/22(月) 18:48:50.64

    ■台湾脱線事故 「列車に不具合」運転士から連絡 車両は日本製

    台湾北東部で21日、8両編成の特急列車が脱線して18人が死亡、180人以上がけがをした事故で、台湾の鉄道当局は、事故の前に運転士から列車の不具合を知らせる連絡があったことを明らかにし、事故との関連を調べています。

    北東部の宜蘭県で21日夕方、8両編成の特急列車が脱線し、台湾当局によりますと乗客366人のうち18人が死亡し、187人がけがをしました。

    現場では、21日夜から建設用の大型機械を使って脱線した車両をつり上げて移動させる作業が行われ、22日朝から反対側の線路を使って列車の運行が再開されました。

    また、22日朝は蔡英文総統が現場を訪れ、事故の状況について担当者から報告を受けました。

    蔡総統はこのあと病院を訪れ、亡くなった乗客の遺族と面会したほか、けがをして治療を受けている乗客を慰問しました。

    事故の原因については明らかになっていませんが、台湾の鉄道当局は21日夜の記者会見で、事故の前に運転士から列車の不具合を知らせる連絡があったことを明らかにし、列車に何らかのトラブルがあった可能性を示唆しました。

    脱線した車両はJR東海の子会社「日本車輌製造」が製造し、去年、大規模なメンテナンスが行われたということです。

    鉄道当局などは運転士から話を聞くとともに、列車に取り付けられていたレコーダーを調べるなどして列車の不具合と事故との関連を調べています。

    ■乗客「突然スピード速くなり横転」

    事故があった列車の先頭から2番目の車両に乗っていた35歳の女性が、手当てを受けている病院でNHKのインタビューに答えました。

    この女性は「事故の直前、突然列車のスピードが速くなったと感じ、車両が激しく揺れました。列車は左側に倒れ、私は転げ落ちました。そのあと、車内が暗くなりました」と事故が起きた当時の状況を話していました。

    また、この女性は「別の乗客が『この車両には問題があるかもしれない』という車内アナウンスを聞いていた」と話していました。

    2018年10月22日 12時06分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181022/k10011680661000.html
    ---------------------------------
    ■台湾列車事故 直前に動力異常、運転士が通報

     【台北=田中靖人】台湾北東部・宜蘭(ぎらん)県で21日に起きた特急列車の脱線事故で、台湾鉄道(台鉄)を運行する交通部(国土交通省に相当)台湾鉄路管理局は21日夜、事故直前に運転士が動力の異常を通報していたと明らかにした。現場は半径300メートルの急カーブで時速65キロの速度制限がある。事故当時130キロ近く出ていたとの証言もあり、当局は負傷した運転士の回復を待ち事故原因の究明を急ぐ。

     現場では横転した車両を重機で起こし、不明者がいないか捜索する作業が徹夜で行われた。事故の死者は18人、負傷者は187人となった。当局は一時、死者を22人と発表するなど情報が錯綜(さくそう)。先頭車両に乗っていて軽傷を負った男性は21日深夜、遺体が集められた病院で「隣の席にいた学生の行方が分からない」といらだった様子で話した。当局は死者の身元確認を急いでいる。

     台湾では数十年ぶりの重大な鉄道事故で、22日未明に頼清徳(らい・せいとく)行政院長(首相)、早朝には蔡英文(さい・えいぶん)総統がそれぞれ現場を視察し、病院で遺族やけが人を見舞った。

     地元紙が報じた乗客の証言によると、列車は宜蘭駅を出た後、徐々に速度を増しブレーキを3回かけた。車内の照明が点滅し、異音も聞こえたという。当局は動力の異常で速度超過を防ぐ装置が動かなかった可能性も含め、原因の究明を急ぐ。事故を起こした「プユマ」号の車両を製造した日本車両製造(本社・名古屋市)からも調査団が来台するとみられる。

     一方、事故後に運休していた台湾鉄道の東部路線は22日早朝から事故のあった線路を除き運行を再開した。

    2018.10.22 11:00
    産経ニュース
    https://www.sankei.com/world/news/181022/wor1810220017-n1.html

    関連スレ
    【車両は日本製】18人死亡の台湾脱線事故 ”自動制御装置が切られていた疑い”
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540199987/

    ★1が立った時間 2018/10/22(月) 11:43:21.18
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540193678/


    【【台湾列車脱線事故】事故直前に運転士が「動力の異常」を通報 車両は日本製 製造した日車両が台湾へ調査に★7】の続きを読む

    このページのトップヘ