さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。

    カテゴリ:スポーツ > テニス


    大坂なおみら「ハーフ」選手の活躍で、広がる日本人の多様性(字幕・13日)
    大坂なおみら「ハーフ」選手の活躍で、広がる日本人の多様性(字幕・13日)  ロイター
    (出典:ロイター)


    大坂 なおみ(おおさか なおみ,英: Naomi Osaka,1997年10月16日 - )は、大阪府大阪市中央区出身の女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス7位。これまでにWTAツアーでシングルス2勝を挙げている。身長180cm。体重69kg(全米オープンまでに7㎏ダイエットした。)。
    79キロバイト (5,059 語) - 2018年9月14日 (金) 15:11



    (出典 wordleaf.c.yimg.jp)


    【日本】大坂なおみら「ハーフ」選手の活躍で、広がる日本人の多様性 [動画ニュース]についてまとめてみた

    1 みつを ★ :2018/09/14(金) 21:24:47.32

    https://reut.rs/2CUqxvs
    (リンク先に動画ニュースあり)

    2018/09/14 6時間前 | 02:27
    大坂なおみら「ハーフ」選手の活躍で、広がる日本人の多様性(字幕・13日)

     日本人として初めてテニス全米オープンを制した大坂なおみ選手は、ハイチ人の父親を持つ。いわゆる「ハーフ」のスポーツ選手たちの活躍は、日本人の「人種観」に少しずつ変化をもたらしているようだ。


    【【日本】大坂なおみら「ハーフ」選手の活躍で、広がる日本人の多様性 [動画ニュース]】の続きを読む


    大坂なおみ、日産ブランドアンバサダーに就任「女子テニスの歴史を変える存在に」
    大坂なおみ、日産ブランドアンバサダーに就任「女子テニスの歴史を変える存在に」  デイリースポーツ
    (出典:デイリースポーツ)


    大坂 なおみ(おおさか なおみ,英: Naomi Osaka,1997年10月16日 - )は、大阪大阪市中央区出身の女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス7位。これまでにWTAツアーでシングルス2勝を挙げている。身長180cm。体重69kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
    78キロバイト (4,911 語) - 2018年9月13日 (木) 06:25



    (出典 www.hochi.co.jp)


    【テニス】大坂なおみ「セレナ知りません。GTRが好き」 日産「GTRプレゼントしますね」についてまとめてみた

    1 マイメロディ ★ :2018/09/13(木) 16:34:17.28

    2018.9.13 13:05
    https://dot.asahi.com/dot/2018091300024.html

    「なおみ、ナイスやんか」奇妙な大阪弁で娘をコーチした父 一家はアイドル的な存在

     テニスの全米オープン優勝を果たした大坂なおみ選手(20)が13日午前、凱旋帰国。出迎えたスポンサーの日清ホールディングスの安藤宏基社長から花束を受け取ると、続いて日産の「ブランドアンバサダー」に就任した。横浜市内で開かれた会見には大勢の報道陣が詰めかけ、「大坂特需」となっている。

    【大坂選手がインスタグラムに掲載した家族との写真】

     大坂選手は日産の「セレナ」という自動車について質問されると、「知りませんでした。ごめんなさい!」と笑顔。以下は司会者との一問一答。

    ――大坂さんの運転はワイルドでは?

     No! いつも安全運転です!

    ――日産で一番好きな車があるって聞いています。

     GTRです。速い。

    ――GTR、プレゼントします。

     ありがとうございます。

    ――大坂選手は「ゲームチェンジャー」と言われていますが、どんな人がテニス界のゲームチェンジャーになると思いますか?

     私でしょうか? もしかるすると。今よりももっとランクの上にいって、ゲームチェンジャーになりたいと思います。

    ――車との思い出はありますか?

     父親が日産クエストを運転していました。ずいぶん長いこと運転していたので、子どもの頃の車との思い出かな。

    ――マイアミでGTRに乗ってどこに行きますか?

     練習します! 練習して、運転します。

    ――グランドスラムで優勝して、今後の夢は?

     年末まで頑張って、トップ5にできれば入りたいです。

     会見で父の愛車が日産のクエストだったと子供の頃の思い出を明かした大坂選手。

     3歳までは大阪市内で育った。大坂選手が幼い頃に通っていた「ICT靭テニスセンター」では、ハイチ出身の米国人である父親のレオナルド・フランソワさんがテニスの手ほどきをしたという。

     米国メディアの報道によると、大坂選手が日本で暮らしやすいように父親の名字ではなく、母親の日本名を使うようになったという。父親は大阪市内で英語講師などをしていたという。父親の元同僚がこう振り返る。

    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536813079/


    【【テニス】大坂なおみ「セレナ知りません。GTRが好き」 日産「GTRプレゼントしますね」★2】の続きを読む


    【全米テニス】大坂なおみの優勝にブーイング 20歳の新女王が涙の謝罪「こんな終わり方ですみません」
    【全米テニス】大坂なおみの優勝にブーイング 20歳の新女王が涙の謝罪「こんな終わり方ですみません」  産経ニュース
    (出典:産経ニュース)


    大坂 なおみ(おおさか なおみ,英: Naomi Osaka,1997年10月16日 - )は、大阪府大阪市中央区出身の女子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス7位。これまでにWTAツアーでシングルス2勝を挙げている。身長180cm。体重69kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。
    76キロバイト (4,710 語) - 2018年9月9日 (日) 07:24



    (出典 www.jiji.com)


    【テニス】大坂なおみの優勝にブーイング 20歳の新女王が涙の謝罪「こんな終わり方ですみません」についてまとめてみた

    1 豆次郎 ★ :2018/09/09(日) 14:28:22.43

    9/9(日) 8:01配信
     【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープン女子シングルス決勝で8日(日本時間9日)、元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を6-2、6-4のストレートで破り日本選手として初優勝を飾った大坂なおみ(20)=日清食品=に、客席からブーイングが浴びせられた。

     「子供の頃から決勝でセリーナと戦うことを夢見てきた。でも負けるような夢は見ていない」。そう語っていた大坂は、日本選手初の四大大会制覇の偉業を成し遂げると、憧れのS・ウィリアムズから抱きしめられ祝福された。母親やコーチが見守る客席に駆け寄った。コートサイドのベンチに戻ると、しばらく頭からタオルを被って優勝の喜びをかみ締めた。

     しかし、試合は客席からのコーチング(指導)の疑いで警告を受けたS・ウィリアムズが、主審を「嘘つき! 謝れ!」などと罵るなど荒れた展開となっていた。表彰式が始まると、S・ウィリアムズの出産後初の全米制覇を期待していた客席からブーイングが起こった。

     大坂の目から涙がこぼれ落ちた。S・ウィリアムズに肩を抱かれても表情は硬いまま。偉業達成の感想を問われた優勝インタビューでも涙をこぼし、異例の言葉を口にした。

     「ちょっと質問じゃないことを語ります。みんな彼女(S・ウィリアムズ)を応援していたのを知っている。こんな終わり方ですみません。ただ試合をを見てくれてありがとうございます。本当にありがとう」

     そして、S・ウィリアムズにお辞儀をして「プレーしてくれてありがとう」。プレー中とは正反対の弱々しい大坂の姿に、ブーイングを浴びせていた客席が一瞬、固まった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000510-san-spo

    ★1がたった時間:2018/09/09(日) 08:22:58.07
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536460069/


    【【テニス】大坂なおみの優勝にブーイング 20歳の新女王が涙の謝罪「こんな終わり方ですみません」★6】の続きを読む


    主審へ激怒のセリーナはV逃す、後味の悪い決勝戦に<全米オープン>
    主審へ激怒のセリーナはV逃す、後味の悪い決勝戦に<全米オープン>  スポーツナビ
    (出典:スポーツナビ)


    セリーナジャメカ・ウィリアムズ(Serena Jameka Williams, 1981年9月26日 - )は、アメリカ・ミシガン州サギノー出身の女子プロテニス選手。身長175cm、体重70kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。これまでにWTAツアーでシングルス72勝、ダブルス23勝を挙げる。
    53キロバイト (4,433 語) - 2018年8月3日 (金) 13:23



    (出典 contents.gunosy.com)


    セリーナ「大坂に負けたのは審判の性差別のせい。私はこれからも女性のために戦っていく」についてまとめてみた

    1 アメスピ ★ :2018/09/09(日) 15:19:35.25

    決勝では大坂がセレーナを6-2、6-4で下し、日本人選手として男女を通じ初の四大大会(グランドスラム)のシングルス制覇を果たした。

    この結果、セレーナの史上最多タイとなる通算24度目のグランドスラム制覇は持ち越しとなった。36歳のセレーナは、第2セットに激怒して目に涙を浮かべて自滅し、後味の悪い決勝となった。

    この一戦でセレーナは、自身の陣営からコーチングを受けたとしてコードバイオレーションを告げられ、さらに激怒してラケットを破壊したためポイント・ペナルティーを受けた。

    また、主審のカルロス・ラモス(Carlos Ramos)氏に対し「うそつきの盗人」、「謝って」と暴言をはくとゲーム・ペナルティーを科された。

    セレーナは試合中にコーチのパトリック・ムラトグルー(Patri* Mouratoglou)氏からコーチングを受けたことはこれまでに一度もないと主張しているが、
    ムラトグルー氏は米スポーツ専門チャンネルESPNに対しその事実を認め、コーチ全員がしている行為だとした。

    セレーナは「パトリックには『一体何を言っているの?』とメールした。私たちにはサインなどない。サインについて話したことも一度もない」と話している。

    また、性差別と戦う女性のアイコンとして地位を築いているセレーナは、テニス界は男子選手と女子選手の扱いが違うと話す。

    「男子選手が審判に注文を付けるシーンをこれまでに見てきた。私は女性の権利と平等のために戦うためにここにいる」

    「私は『盗人』と言い、彼はペナルティーを科す。性差別的だと感じた」
    「彼は『盗人』と言った男子選手を罰したことは一度もない。それで私の心は折れてしまった。だけど、私は女性のためにこれからも戦う」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000009-jij_afp-spo


    【セリーナ「大坂に負けたのは審判の性差別のせい。私はこれからも女性のために戦っていく」】の続きを読む


    大荒れセリーナ、衝撃ラケット破壊の一部始終に海外ファン激怒 「恥ずべき振る舞い」
    大荒れセリーナ、衝撃ラケット破壊の一部始終に海外ファン激怒 「恥ずべき振る舞い」  スポーツナビ
    (出典:スポーツナビ)


    セリーナジャメカ・ウィリアムズ(Serena Jameka Williams, 1981年9月26日 - )は、アメリカ・ミシガン州サギノー出身の女子プロテニス選手。身長175cm、体重70kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。これまでにWTAツアーでシングルス72勝、ダブルス23勝を挙げる。
    53キロバイト (4,433 語) - 2018年8月3日 (金) 13:23



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【テニス】大荒れセリーナ、衝撃ラケット破壊の一部始終に海外ファン激怒 「恥ずべき振る舞い」についてまとめてみた

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/09(日) 12:31:34.46

    セリーナがラケットをたたきつけ破壊する瞬間を海外メディアが公開

    テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス決勝で世界ランク19位の大坂なおみ(日清食品)が元世界1位の女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ち
    。日本人史上初となるグランドスラム制覇を成し遂げた。
    一方でグランドスラム24勝目はならなかったセリーナは、スタンドからコーチングを受けたことでの警告をきっかけに激怒。
    ラケットを地面にたたきつけて、怒りを爆発させた。
    この場面の一部始終を米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」スペイン語版の公式ツイッターが公開。ファンの顰蹙をかっている。


    “女王様”のイライラがピークに達した。第2セット、ブレークバックを許した第5ゲームだ。手にしていたラケットを目いっぱい地面にたたきつけた。
    無残にもフレームは折れ曲がり、ガット部分も敗れてしまった。
    この愚行で、この日2度目の警告を受けたセリーナ。
    鬼の形相で不満を主審にぶつけたが、この後には3度目のペナルティーを受け第8ゲームは戦わずして落とした。
    3-5となり、結局このセットも落としストレート負け。まさに自滅だった。

    ラケット破壊の瞬間を同メディアは「セリーナ・ウィリアムズ、怒りを爆発させラケットを叩きつけて破壊。
    そしてベンチで泣いた」とつづり、動画を公開。フォロワーからからはブーイングが相次いでいる。

    「悪しき敗者…!」
    「恥ずべき振る舞い」
    「対戦相手と審判に対して無礼。失格にすべき」
    「彼女はテニス界にとって大事な選手で、多くの女性とアスリートにとって手本になるべきなのに」
    「恥ずかしい!!!!」

    女児の出産から1年。この大会にかける思いの強さから出てしまった行動なのか。最後まで冷静さを取り戻せなかったセリーナ。
    試合後は抱擁で大坂を称えたが、その女王らしからぬ振る舞いはしばらく尾を引きそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180909-00036207-theanswer-spo
    9/9(日) 11:32配信

    https://the-ans.jp/news/36207/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=36207_6
    【動画】「恥ずべき振る舞い」とファン激怒、海外メディアが公開したセリーナがラケットをたたきつけ破壊する一部始終


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 matomedane.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【テニス】大荒れセリーナ、衝撃ラケット破壊の一部始終に海外ファン激怒 「恥ずべき振る舞い」】の続きを読む

    このページのトップヘ