さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。

    カテゴリ:スポーツ > サッカー


    伊野波雅彦を提訴した梶山陽平氏 投資トラブルで2500万円の損害 - livedoor
    伊野波雅彦を提訴した梶山陽平氏 投資トラブルで2500万円の損害  livedoor

    サッカー元日本代表の伊野波雅彦が、梶山陽平氏に民事提訴されていた。高配当をうたった投資に勧誘され、計2500万円を失ったという梶山氏。伊野波が関わっていたと ...


    (出典:livedoor)



    (出典 www.vissel-kobe.co.jp)


    【サッカー】 元日本代表・伊野波雅彦が元Jリーガー・梶山陽平に訴えられた前代未聞の投資トラブル・・・「2500万円損害」についてまとめてみた

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/12/14(金) 17:00:49.55

    法廷で“キックオフ”の笛が鳴った――。

    2014年のサッカーW杯ブラジル大会・日本代表DF伊野波雅彦(33=J1神戸)が、
    08年の北京五輪代表MF梶山陽平(33)に民事提訴されていたことが本紙の取材で分かった。

    実業家X氏が運用する投資を伊野波から「月利7%の配当をする」などと勧められて始めたが、
    計2500万円を失ったとして梶山は提訴。

    他にも被害者がおり、被告となった伊野波は、X氏とともにその損害賠償を請求されたのだ。
    元日本代表が元Jリーガーに訴えられた前代未聞の投資トラブルを詳報する。

    伊野波は、FW本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)、FW香川真司(29=ドルトムント)らとともに
    「史上最強」とされた14年W杯日本代表のメンバーだった。

    所属の神戸では今季のリーグ戦終盤からアンカーに起用され、話題を席巻した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)、
    元ドイツ代表MFルーカス・ポドルスキ(33)の2大スターを後方から支えた。

    一方、梶山はフル代表に呼ばれなかったものの、08年北京五輪ではメンバーだった本田、香川を差し置いて背番号10を託された“天才MF”。
    だが、FC東京からJ2新潟にレンタル移籍した今季限りで現役を引退した。2人は同い年で、北京五輪のアジア予選メンバーで親交があった。

    トラブルが起きた発端は昨年8月だった。裁判資料によると伊野波は梶山に対し、友人で実業家のX氏が運用する月利高配当をうたった投資に勧誘。
    「大丈夫だから」「万が一の時は俺が保証する」と説得したという。

    勧めに乗った梶山は同月から出資を開始し、今年1月までの間、X氏に複数回にわたって計2500万円をつぎ込んだ。
    リーグ戦の最中だったが、伊野波は試合や練習に支障のないよう合間を縫い、梶山の出資の立会人を務めたという。

    一方で伊野波は昨年6~9月、友人の一般男性も同じように勧誘。
    「自分もある程度の額を(X氏に)預けている」「梶山も(X氏を通して)運用している」と勧めたという。

    一般男性は今年3月までの間、複数回にわたり、X氏になんと総額8500万円を投じたという。ここでも伊野波は立会人を務めていた。

    投資後、一時的に梶山と一般男性への配当はあったが、今年6月以降、配当が停止する。X氏が出資金を全額溶かしてしまった可能性がある。
    それを受け、伊野波は6月、梶山に「元本は必ず(X氏から)返させる」と伝え、X氏に対応を迫った。

    ところが、伊野波は7月、X氏から「投資リスクが顕在化して配当できない」と主張され、
    梶山と一般男性への返金には「応じない」と通達される。焦りまくった伊野波はX氏を「無責任すぎる」と追及したものの、その後はX氏と音信不通になった。

    事態は改善しないまま、伊野波はX氏とともに、梶山と一般男性から東京地裁に民事提訴され、損害賠償を請求された。

    被告である伊野波とX氏は、原告の梶山から2750万円、もう1人の原告の一般男性から9350万円の支払いを突き付けられた。
    総額1億2100万円の巨額訴訟だ。

    第1回口頭弁論は今月4日、東京地裁で開かれた。伊野波、梶山はともに欠席。伊野波とX氏は原告の請求棄却を求め、争う構えを示した。

    伊野波の代理人弁護士は本紙に「X氏に対する債権回収に巻き込まれた不当な訴訟であり、法的責任は一切なく、裁判所に請求棄却を求めています」と回答。
    X氏側は裁判の中で「原告に配当してきた実績はあったが、投資運用の結果として利益を生み出せず、配当がかなわなくなった。
    投資リスクが顕在化したにすぎない以上、法的責任を負担するいわれはない」(弁護士)と主張している。

    原告の梶山の代理人弁護士は「係争中なのでお答えできません」と回答した。

    梶山側は、X氏の運用実態を疑問視しているようだ。これが事実であれば、いかがわしい投資に伊野波は“加担”してしまい、梶山も安易に乗ってしまった形だ。
    X氏がうたっていた月利は7~10%といい、あり得ない高配当。ウマい話にはウラがある――と考えれば巨額のカネを突っ込むことはないはずだが…。
    構図としては伊野波はX氏に“広告塔”のように利用されたとも考えられる。

    次回期日は来月24日、弁論準備手続きが行われる。(一部敬称略)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000029-tospoweb-socc


    【【サッカー】 元日本代表・伊野波雅彦が元Jリーガー・梶山陽平に訴えられた前代未聞の投資トラブル・・・「2500万円損害」】の続きを読む


    英誌が俊輔の現役続行を危惧「もしプレーオフで敗れたら…」 英誌が俊輔の現役続行を危惧「もしプレーオフで敗れたら…」
    …結果が中村のキャリアに大きな影響を及ぼすのではないかと指摘している。「ジュビロがこのような試練を迎えるのは、非常に不運といえる。レギュラーシーズンの最…
    (出典:サッカー(ゲキサカ))



    (出典 img.footballchannel.jp)


    【サッカー】<J1参入プレーオフ決定戦>J1崖っぷちジュビロ磐田、小川航基をスタメン大抜擢! 俊輔、川又ベンチスタートについてまとめてみた

    1 Egg ★ :2018/12/08(土) 12:57:32.43 ID:CAP_USER9.net

    [12.8 J1参入プレーオフ決定戦 磐田-東京V ヤマハ]

     J1参入プレーオフは8日、J1リーグ16位のジュビロ磐田とJ2リーグ6位からプレーオフを2連勝した東京ヴェルディが対戦する。14時のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、磐田は今季4試合先発の21歳FW小川航基と右膝の大怪我から復帰したMFアダイウトンが先発に並んだ。

     J1残留を懸けた最終決戦で名波浩監督が思い切った決断に出た。日本代表歴を持つMF中村俊輔とFW川又堅碁はベンチスタート。東京五輪世代でエース候補と見込まれる小川に加えて、3月18日のJ1第4節広島戦で右膝前十字靭帯断裂、右膝半月板損傷の大怪我をしていたアダイウトンを抜擢した。

     対する東京Vのロティーナ監督も、プレーオフ第2戦・横浜FC戦から変化をつけてきた。出場停止明けのMF内田達也、今季36試合出場のMF渡辺皓太がベンチスタート。第2戦で途中出場から決勝ゴールを決めたFWドウグラス・ヴィエイラ、シーズン終盤は出番を失っていたMF梶川諒太を先発に並べた。


    [ジュビロ磐田]
    先発
    GK 21 カミンスキー
    DF 3 大井健太郎
    DF 24 小川大貴
    DF 25 大南拓磨
    DF 41 高橋祥平
    MF 7 田口泰士
    MF 15 アダイウトン
    MF 19 山田大記
    MF 30 上原力也
    FW 18 小川航基
    FW 22 大久保嘉人
    控え
    GK 36 三浦龍輝
    DF 33 藤田義明
    MF 10 中村俊輔
    MF 14 松本昌也
    MF 27 荒木大吾
    MF 8 ムサエフ
    FW 20 川又堅碁
    監督
    名波浩

    [東京ヴェルディ]
    先発
    GK 21 上福元直人
    DF 23 田村直也
    DF 3 井林章
    DF 5 平智広
    DF 4 香川勇気
    MF 20 井上潮音
    MF 38 梶川諒太
    MF 16 佐藤優平
    FW 24 奈良輪雄太
    FW 9 ドウグラス・ヴィエイラ
    FW 11 林陵平
    控え
    GK 1 柴崎貴広
    DF 2 若狭大志
    MF 17 李栄直
    MF 33 渡辺皓太
    MF 8 内田達也
    FW 10 レアンドロ
    FW 7 アラン・ピニェイロ
    監督
    ロティーナ

    12/8(土) 12:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-08374191-gekisaka-socc


    【【サッカー】<J1参入プレーオフ決定戦>J1崖っぷちジュビロ磐田、小川航基をスタメン大抜擢! 俊輔、川又ベンチスタート】の続きを読む


    今季でバイエルン退団のロッベン、米メディアが新天地にJリーグ予想 「ホットな行き先」 今季でバイエルン退団のロッベン、米メディアが新天地にJリーグ予想 「ホットな行き先」
    …ブリーチャー・リポート」はロッベンの去就について、スター選手が集う日本のJリーグも候補になるのではと言及している。 ロッベンは2009年にレアル・マド…
    (出典:サッカー(Football ZONE web))



    (出典 soccer-blog.jp)


    【サッカー】今季でバイエルン退団のロッベン、米メディアが新天地にJリーグ予想 「ホットな行き先」についてまとめてみた

    1 3倍理論 ★ :2018/12/03(月) 18:15:14.72

    2009年から9年間で公式戦143得点101アシストを挙げた快足ウインガーの去就に世界注目

     元オランダ代表MFアリエン・ロッベンが現地時間2日、今季限りでバイエルンを退団すると発表した。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」はロッベンの去就について、スター選手が集う日本のJリーグも候補になるのではと言及している。

     ロッベンは2009年にレアル・マドリードからドイツの名門へ移籍。ドイツ公共放送「DWスポーツ」によれば、9シーズンのプレーで公式戦305試合143得点101アシストという成績を残した。

     右サイドから中央へカットインしてシュートを放つ一撃必殺は34歳となった今も健在。今季もここまで14試合で5得点1アシストを記録している。

     ロッベンは現役引退の意向はないとしているため、来季以降の去就には注目が集まる。記事では、将来のことはまだ不透明であるとしたうえで、新天地予想で日本のJリーグの名前も飛び出している。

    「今季の彼の好調ぶりから考えれば(アメリカの)MLSや、アンドレス・イニエスタやルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャが移籍してホットな行き先となっている日本でキャリアを続けるということが思い浮かぶ。しかし、彼の負傷履歴を考えれば、スパイクを脱ぐという可能性があるかもしれない」

     現役引退も含め、海を渡った海外でプレーを続ける可能性など多くの選択肢があるのではと言及されている。スター選手加入が相次ぐJリーグへの参戦という期待も高まるが、オランダが誇るドリブラーはどのような道を選ぶのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00151894-soccermzw-socc


    【【サッカー】今季でバイエルン退団のロッベン、米メディアが新天地にJリーグ予想 「ホットな行き先」】の続きを読む


    川口完封で幕!盟友楢崎登場に万感 今後は指導者へ 川口完封で幕!盟友楢崎登場に万感 今後は指導者へ
    …◇2日◇ギオンスJ3最終節で、今季で引退するSC相模原の元日本代表GK川口能活(43)が現役ラストマッチを完封勝利で飾った。ホームの鹿児島ユナイテッド…
    (出典:サッカー(日刊スポーツ))



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    【サッカー】元日本代表 川口能活、引退<J3第34節>琉球、鹿児島が揃って敗戦…鳥取が3位浮上/GK川口能活、現役ラストゲームで無失点勝利で有終の美についてまとめてみた

    1 Egg ★ :2018/12/02(日) 15:30:23.87 ID:CAP_USER9.net

    2018明治安田生命J3リーグ第34節が2日、各地で行われた。

    すでにJ3優勝とJ2昇格を決めているFC琉球はアウェイでカターレ富山と対戦し、2-1で敗れた。
    また、前節で自動昇格圏内となる2位を確定させた鹿児島ユナイテッドFCもSC相模原と敵地で対戦し、1-0の敗戦となっている。

    3位のザスパクサツ群馬はホームにY.S.C.C.横浜をホームに迎え、2-2の引き分け。
    4位のガイナーレ鳥取、5位のアスルクラロ沼津がそろって勝利したため、最終順位を5位に落とした。

    今節の結果と最終順位は以下の通り。

    ■J3第34節全結果
    ザスパクサツ群馬 2-2 Y.S.C.C.横浜
    SC相模原 1-0 鹿児島ユナイテッドFC
    AC長野パルセイロ 0-1 グルージャ盛岡
    カターレ富山 2-1 FC琉球
    アスルクラロ沼津 2-0 ブラウブリッツ秋田
    ガイナーレ鳥取 2-1 藤枝MYFC
    ギラヴァンツ北九州 0-0 福島ユナイテッドFC
    ガンバ大阪U-23 0-2 セレッソ大阪U-23

    ■J3順位表
    1位 琉球(勝ち点66/得失点差+30)
    2位 鹿児島(勝ち点57/得失点差+11)
    3位 鳥取(勝ち点53/得失点差+14)
    4位 沼津(勝ち点52/得失点差+11)
    5位 群馬(勝ち点52/得失点差+2)
    6位 G大阪U-23(勝ち点47/得失点差+10)
    7位 C大阪U-23(勝ち点46/得失点差+11)
    8位 秋田(勝ち点43/得失点差+2)
    9位 相模原(勝ち点42/得失点差-11)
    10位 長野(勝ち点41/得失点差+2)
    11位 富山(勝ち点41/得失点差-9)
    12位 福島(勝ち点40/得失点差-7)
    13位 盛岡(勝ち点40/得失点差-15)
    14位 FC東京U-23(勝ち点36/得失点差-7)
    15位 YS横浜(勝ち点34/得失点差-8)
    16位 藤枝(勝ち点差34/得失点差-16)
    17位 北九州(勝ち点27/得失点差-20)

    12/2(日) 15:18配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00871456-soccerk-socc

    ●43歳川口能活、現役ラストゲームで好セーブ披露。無失点勝利で有終の美

    明治安田生命J3リーグの最終節となる第34節の試合が2日に行われ、SC相模原と鹿児島ユナイテッドFCが対戦。相模原の元日本代表GK川口能活は現役最後となる試合にフル出場し、完封でチームを勝利に導いた。
    現在43歳の川口は先月4日に今季限りでの現役引退を発表。今季は開幕から4試合にフル出場したあと、9月2日の第21節に出場したのみだったが、最終節は14試合ぶりとなる先発に起用された。

    来季のJ2昇格を決めている鹿児島に対し、川口は前半21分に中原秀人が1対1の形から放ったシュートを見事にストップ。54分にもカウンターから萱沼優聖がフリーで放ったシュートを阻んでピンチを切り抜け、1万2千人を越える大観衆を沸かせた。
    川口の奮闘に応えた相模原攻撃陣はPKを獲得し、これをジョン・ガブリエルが決めて70分に先制。そのまま1-0で相模原が勝利し、川口は現役ラストゲームを完封で飾った。

    1994年に横浜マリノスでプロデビューした川口は、25シーズンに及んだキャリアに幕を下ろす。Jリーグでは通算507試合に出場。日本代表としては4大会のワールドカップでメンバー入りするなどGKとしては歴代最多の116試合に出場した。

    12/2(日) 15:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00299598-footballc-socc


    【【サッカー】元日本代表 川口能活、引退<J3第34節>琉球、鹿児島が揃って敗戦…鳥取が3位浮上/GK川口能活、現役ラストゲームで無失点勝利で有終の美】の続きを読む


    札幌が8選手との契約満了を発表…39歳稲本潤一現役続行へ「まだまだ現役でやるつもり」 札幌が8選手との契約満了を発表…39歳稲本潤一現役続行へ「まだまだ現役でやるつもり」
    …生忘れないと思います」「来年は札幌ではできないですが、一ファンとしてコンサドーレを応援していきたいと思います。まだまだ現役でやるつもりなので、どこかで…
    (出典:サッカー(GOAL))



    (出典 www.soccer-king.jp)


    【サッカー】<北海道コンサドーレ札幌>元日本代表MF稲本潤一ら8選手との契約満了を発表についてまとめてみた

    1 Egg ★ :2018/12/02(日) 11:40:17.34 ID:CAP_USER9.net

    北海道コンサドーレ札幌は2日、DF横山知伸とDF田中雄大、DF河合竜二、MFジュリーニョ、FW内村圭宏、DF菊地直哉、MF稲本潤一、DF永坂勇人の8選手の契約満了を発表した。

     同クラブは退団する選手たちのコメントを次のように掲載している。(河合を除く)

    ■DF横山知伸
    「夏までの一年半、本当にお世話になりました。今シーズンはリーグ戦に絡む事ができませんでしたが、コンサドーレに在籍できて本当に良かったと思ってます!去年は残留争い、今シーズンはACL争いとチームの成長の過程を体感でき非常に良い経験をさせてもらいました!まだ、天皇杯の結果次第ではACLの可能性はありますね。これからコンサドーレがますます日本を代表するビッククラブになれるよう他の地から応援しています!本当にありがとうございました!」

    ■DF田中雄大
    「2年間でしたが、札幌でプレー出来たことを嬉しく思います!選手としてはピッチで貢献することが出来なくて悔しいですし、申し訳ない気持ちです。どんな時も支えてくれ、いつも熱い応援をしてくれたファンやサポーターの方々に感謝しています!本当にありがとうございました!他のチームにない北海道コンサドーレ札幌の一体感が大好きです!これからも応援よろしくお願いします!」

    ■MFジュリーニョ
    「この度、3シーズンプレーした北海道コンサドーレ札幌を去ることになりました。長い間温かく私を見守っていただき、そして愛情のこもった熱い応援は一生忘れません!怪我等で皆さんの期待に応えられず嫌な気持ちをさせた時期もあったかと思いますが、J1昇格そしてJ1残留をチームの一員として、チーム関係者とチームメイトそして大好きなコンサドーレサポーターと共に達成出来たことも忘れません!僕自身も家族と共に札幌という素晴らしい街で暮らし、北海道コンサドーレ札幌でプレー出来たことを大変嬉しく思いますし、良い経験をさせて頂きました。これからもコンサドーレを応援してます。皆さん本当にありがとうございました」

    ■FW内村圭宏
    「9年間ありがとうございました。常に熱い応援をしてもらった事は忘れません。いつもこのサポーターの為に頑張ろうと思わせてもらえた事は幸せだったと思います。札幌で知り合えた全ての人に感謝しかありません。この度チームを離れる事になりましたが、個人として結果を出せない中で当たり前の事と思っています。まだサッカーがしたいし違うチームでいいプレーが見せれるように頑張りたいと思っています。コンサドーレに関わる人の幸せを祈ってます。ありがとうございました」

    ■DF菊地直哉
    「2年半お世話になりました。色々なサッカーに触れ、北海道のたくさんの人達に出会わさせてもらい、素晴らしいチームメイトとピッチ内外で共にできて感謝です!短い期間でしたがありがとうございました!」

    ■MF稲本潤一
    「4年間ありがとうございました。ホームに関わらずアウェイにまでたくさんの声援でいつも僕たちを後押ししてくれて勇気づけられました。怪我で出れていない間はチームに迷惑をかけましたが、怪我から復帰して札幌ドームに帰ってきたときの声援は一生忘れないと思います。来年は札幌ではできないですが、一ファンとしてコンサドーレを応援していきたいと思います。まだまだ現役でやるつもりなのでどこかで会えれば声を掛けて下さい。ありがとうございました。」

    ■DF永坂勇人
    「ジュニアユースから11年間お世話になったクラブを離れる事になりとてもさみしく思っております。この現状をしっかりと受け止めながら、引き続きプロサッカー選手としてプレーできるよう頑張っていきます。長い間本当にお世話になりました!」

    12/2(日) 11:30 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00871380-soccerk-socc


    【【サッカー】<北海道コンサドーレ札幌>元日本代表MF稲本潤一ら8選手との契約満了を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ