さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。

    カテゴリ:政治・経済 > 外交


    F35B導入 いずも“空母”化で最終調整
    F35B導入 いずも“空母”化で最終調整  livedoor
    (出典:livedoor)



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    【自衛隊】F35B導入 いずも“空母”化で最終調整/政府についてまとめてみた

    1 みんと ★ :2018/11/26(月) 19:07:50.60

    F35B導入 いずも“空母”化で最終調整
    日テレNEWS 11/26(月) 14:11
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181126-00000034-nnn-pol

    政府は新たな防衛計画の大綱を来月とりまとめるにあたって、アメリカ軍の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを導入する方針を固めた。同時に護衛艦をいわゆる「空母」に改修し、運用する方向で最終調整している。

    最新鋭ステルス戦闘機F35Bは、航空自衛隊が運用しているF35Aの派生型で、短い距離で離陸し、垂直に着陸することができるのが特徴。

    政府は、このF35Bを導入する方針を固めるとともに海上自衛隊の「いずも」型護衛艦の甲板を改修し、F35Bが離着艦できるいわゆる「空母」にする方向で最終調整している。中国が海洋進出を強める中、尖閣諸島を含む南西諸島の防衛力を強化する狙い。

    政府は今後、こうした方針を自民・公明両党に示した上で来月とりまとめる防衛大綱の中にどのような文言で盛り込むか調整に入る方針。

    ★1:2018/11/26(月) 17:33:26.02
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543221206/


    【【自衛隊】F35B導入 いずも“空母”化で最終調整/政府】の続きを読む


    入管法改正案 今後の国会審議、どうなる?
    入管法改正案 今後の国会審議、どうなる?  livedoor
    (出典:livedoor)


    入管法改正案、明日強行採決へ…馬鹿「朝鮮人は出て行けー」→日本政府「日本人並みの給料払います」 についてまとめてみた

    1 人類普遍の倫理 ★ :2018/11/26(月) 21:10:06.48

    酒スレです。
    以下引用NHKニュース様

    2018年11月26日 16時56分
    外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、自民・公明両党と日本維新の会が修正協議を行い、新たな制度の運用を点検し、必要な措置をとるための見直し規定について、見直しの時期を「3年後」から「2年後」に短縮することなどで合意しました。
    外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、先週から修正協議を行ってきた、自民・公明両党と日本維新の会は午後、国会対策委員長が会談しました。

    その結果、いまの法案では新たな制度の運用を点検し必要な措置をとるための見直し規定について、法律の施行から「3年後」となっている見直しの時期を、「2年後」に短縮することなどの修正を行うことで合意しました。

    日本維新の会の馬場幹事長は、記者会見で「今回の修正が100%だとは思わないが最低限の修正は獲得できた。今後、法律が施行されればいろんな問題が発生すると思うので、引き続き、改善に取り組みたい」と述べ、法案に賛成する考えを示しました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181126/k10011723791000.html

    前スレ
    【法則】入管法改正案、明日強行採決へ…*「朝鮮人は出て行けー」→日本政府「日本人並みの給料払います」 ★2
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543228833/


    【入管法改正案、明日強行採決へ…馬鹿「朝鮮人は出て行けー」→日本政府「日本人並みの給料払います」】の続きを読む


    北方領土“米軍置かず” プーチン氏が日米合意要求
    北方領土“米軍置かず” プーチン氏が日米合意要求  テレビ朝日
    (出典:テレビ朝日)


    【北方領土】引き渡した場合“米軍基地置かず” プーチン氏が公式文書で「日米合意」するよう要求 日本にとって高いハードルについてまとめてみたについてまとめてみた

    1 ばーど ★ :2018/11/14(水) 21:46:29.70

    北方領土交渉を巡り、ロシア側が北方領土を日本に引き渡した場合にアメリカ軍の基地を置かないことをプーチン大統領が日米の首脳の間で公式に合意するよう求めていることが分かりました。

    日ロ関係筋によりますと、プーチン大統領はこれまでの会談で、北方領土を日本に引き渡した場合にアメリカ軍の基地を置かないことを安倍総理大臣とトランプ大統領の間で公式な文書で合意し、確約するよう求めているということです。

    プーチン大統領はこれまで、北方領土にアメリカ軍が展開してくる可能性があるとの懸念を示したことはありましたが、日米の首脳間の合意を求めていることが分かったのは初めてで、日本にとっては高いハードルといえます。

    ロシア政府関係者によりますと、日米の間での非公式な合意では将来、ほごにされる可能性があるため、首脳間の公式な合意を求めているということです。

    2018/11/14 11:49
    テレ朝ニュース
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000140758.html

    ★1が立った時間 2018/11/14(水) 20:44:57.33
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542195897/


    【【北方領土】引き渡した場合“米軍基地置かず” プーチン氏が公式文書で「日米合意」するよう要求 日本にとって高いハードルについてまとめてみた】の続きを読む


    日本弁護士「強制徴用賠償、ICJでも日本が負ける」…その根拠は?
    日本弁護士「強制徴用賠償、ICJでも日本が負ける」…その根拠は?  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)



    (出典 img.recordchina.co.jp)


    徴用工問題この先どうなる?日本の弁護士100人「強制徴用賠償、国際司法裁判所でも日本が負ける」についてまとめてみた

    1 ばーど ★ :2018/11/07(水) 21:17:02.00

    日本の弁護士約100人が韓国大法院(最高裁に相当)の徴用賠償判決に対する自国政府の対応を批判して問題解決を促した。

    川上詩朗弁護士と山本晴太弁護士は今月5日、東京千代田区にある参議院議員会館会議室で「元徴用工の韓国大法院判決に対する弁護士有志声明」を発表した。

    2人は「日本が国際司法裁判所(ICJ)に提訴する場合、日本が敗れる可能性が高い」としながら「被害者が納得して社会的にも容認された解決内容が必要だ」と主張した。

    日本の弁護士は強制徴用賠償問題の本質は「人権問題」と指摘して「被害者の個人請求権は消滅していない」と強調した。

    弁護士は2007年に中国被害者が起こした損害賠償請求訴訟を事例として挙げた。

    当時、日本の最高裁判所は中国被害者に「裁判上、権利が喪失した」として原告敗訴判決を下したが「請求権は消滅していない」と明らかにした点を根拠に挙げた。つまり、日本政府側も1991年中国側に韓国大法院と類似の立場を明らかにしたと説明した。

    あわせて「被害者個人の請求権が消滅していないうえに国際法上でも被害者は裁判を受ける権利がある」とし「このために日本が国際司法裁判所に提訴しても日本が敗れる可能性が大きい」と明らかにした。

    弁護士は「被害者と社会が受け入れることができない国家間合意は真の解決になりえない」」と声を高めた。

    この日、代表として出席した川上弁護士は「今回の韓国最高裁の判決に対して『国際法上あり得ない』と述べた安倍晋三首相の発言に違和感を感じて緊急声明を発表する」とし「急意で用意された声明で、現在まで100人余りが参加した」と明らかにした。

    この日配布された共同声明資料には、弁護士89人や学者6人など合計95人が署名したと記録されており、意見を同じくする弁護士は増え続けているという。

    一方、日本政府は韓国大法院の強制徴用賠償判決に関連し、韓国を国際司法裁判所に単独提訴する方針だと産経新聞が6日、報じた。同紙は、大法院が新日鉄住金(旧・新日本製鉄))に命じた損害賠償を韓国政府が代わりに履行するなどの措置を取らない場合を仮定してこのような方針を固めたと説明した。

    これとあわせて、日本政府は在外公館を通じて自国の立場を海外各国に知らせるなど海外メディアを通した世論戦を本格化する様相だ。

    河野太郎外相は大法院判決直後「極めて遺憾であり、断じて受け入れられない」という談話を発表した後、連日強硬発言を繰り返している。外信インタビューで、韓国大法院の強制徴用賠償判決を中傷する一方、記者団との会見では「(韓国大法院の強制徴用賠償判決は)暴挙であり国際秩序に対する挑戦」と主張した。

    日本政府は「個人の請求権は1965年韓日請求権協定で消滅していない」という韓国大法院の判決趣旨は説明せずに韓国が協定を破ったと強調している。

    これを通じて、国際社会における韓国の信頼度を落とそうとしているのではないかという分析がある。

    これについて韓国外交部は「我々の司法府判断に対して節制されていない言葉で評価をするなど、過剰対応していることに対し、甚だ遺憾だと言わざるを得ない」とし「三権分立の基本原則に則り、行政府は司法府の判断を尊重するのは当然で、これは日本を含めてどの自由民主主義国家も例外であるはずがない」と指摘した。

    2018年11月7日 11時10分
    中央日報
    http://news.livedoor.com/article/detail/15559024/

    ★1が立った時間 2018/11/07(水) 17:02:33.20
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541590159/


    【徴用工問題この先どうなる?日本の弁護士100人「強制徴用賠償、国際司法裁判所でも日本が負ける」】の続きを読む


    徴用工判決も、韓国で日本の国民感情を逆なでする行為が相次ぐ理由
    徴用工判決も、韓国で日本の国民感情を逆なでする行為が相次ぐ理由  ダイヤモンド・オンライン
    (出典:ダイヤモンド・オンライン)



    (出典 www.nikkei.com)


    【韓国からの憂慮砲】「問題の根源を直視せず、わが国民感情を刺激」と韓国外務省が対日批判についてまとめてみた

    1 鴎 ★ :2018/11/07(水) 04:44:35.98

     【ソウル共同】韓国外務省は6日、徴用工訴訟の判決を巡り、日本の指導者らが「問題の根源を直視せず、わが国民感情を刺激する発言を続けていることを非常に憂慮している」との声明を出した。

    2018/11/06 23:18
    http://www.oita-press.co.jp/1002000000/2018/11/06/NP2018110601002946

    ★1:2018/11/07(水) 00:11
    【韓国からの憂慮砲】「問題の根源を直視せず、わが国民感情を刺激」と韓国外務省が対日批判★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541525043/


    【【韓国からの憂慮砲】「問題の根源を直視せず、わが国民感情を刺激」と韓国外務省が対日批判】の続きを読む

    このページのトップヘ