さきがけ芸能まとめ

主に最新の芸能ネタを投稿しております。

    カテゴリ: 映画


    主演級女優8人でも…小泉今日子主演「食べる女」が大コケ
    主演級女優8人でも…小泉今日子主演「食べる女」が大コケ  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)



    (出典 ddnavi.com)


    【映画】 鈴木京香、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス・・・小泉今日子主演 「食べる女」が近年まれにみる大コケについてまとめてみた

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2018/10/05(金) 09:38:32.99 ID:CAP_USER9.net

    「(映画は)撮ったら終わりじゃないの。宣伝を頑張るのよ」
    そう周囲に諭し、自ら陣頭指揮を執って宣伝活動を行った樹木希林さんとは異なる女優がひとり――。

    小泉今日子(52)主演の映画「食べる女」(生野慈朗監督)が公開中なのだが、興行がまさかの“爆死”だという。

    先月21日に封切られたが、「興行ランキングは初週からトップ10圏外。しかも11位、12位といった惜敗ではない。
    配給先の東映が興収を公表しないことからも推測できるように、*りもしない成績に終わった。

    作品の規模を考えれば、近年まれにみる大コケといえるでしょう」(映画興行関係者)。

    手厳しい評価がなされるのは、豪華なキャスト陣が揃っていたからだ。
    キョンキョンを筆頭に、鈴木京香(50)、沢尻エリカ(32)、前田敦子(27)、
    広瀬アリス(23)、山田優(34)、壇蜜(37)、シャーロット・ケイト・フォックス(33)と主役級の女優8人がズラ~リ。

    しかも、公開直前に電撃婚した前田&勝地涼(32)夫婦の共演作という絶好の話題にも恵まれただけに、
    関係者らの大きなため息が聞こえてくるのである。

    そして「舞台挨拶以外、主演の小泉がほぼ実働しなかったのが痛かった。
    本人が首を縦に振らなかったとかで、代わりに原作者の筒井ともみ氏が積極的に取材を受けていましたが、宣伝要素としてはやっぱり弱い。

    作品の顔としてPR活動を行うのはいまや当然のこと。
    小泉は芸能界を引退し裏方に回ったとはいえ、主演としての責任と自覚が足りないといわれても仕方がないでしょう」(別の映画関係者)。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000009-nkgendai-ent

    【女優】前田敦子が女優として“存在感”を増している理由 アイドル出身「演技派」の筆頭格に
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538549982/


    【【映画】 鈴木京香、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス・・・小泉今日子主演 「食べる女」が近年まれにみる大コケ】の続きを読む


    スター・ウォーズ「ハイペースで作り過ぎた」会長が間違い認める
    スター・ウォーズ「ハイペースで作り過ぎた」会長が間違い認める  livedoor
    (出典:livedoor)


    『スター・ウォーズ(Star Wars)』シリーズは、ジョージ・ルーカスの構想を基にルーカスフィルムが製作するアメリカ合衆国のスペースオペラである。 「遠い昔、遥か彼方の銀河系」を舞台に、映画、アニメーション、小説、コミック、ゲームなど複数の媒体で展開される。世界で最も興行的成功を収めた映画シリーズ
    64キロバイト (6,150 語) - 2018年9月19日 (水) 10:18



    (出典 www.disney.co.jp)


    【映画】『スター・ウォーズ』をハイペースで作り過ぎたのは間違いだった…ディズニー会長認めるについてまとめてみた

    1 muffin ★ :2018/09/21(金) 20:26:48.91

    https://www.cinematoday.jp/news/N0103726
    2018年9月21日

     ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEOであるボブ・アイガーが、映画『スター・ウォーズ』シリーズをスピンオフ含めハイペースで作り過ぎたのは間違いだったと The Hollywood Reporter に認めた。

     興行的に苦戦した『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』フォトギャラリー

     ディズニーは2012年に『スター・ウォーズ』シリーズなどで知られるルーカスフィルムを40億ドル(約4,400億円・1ドル110円計算)以上で買収。2015年12月から『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』と毎年1本新作を発表して大ヒットさせてきたが、前作から半年とたたない今年5月に全米公開した『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は興行的に苦戦。その背景には観客の“スター・ウォーズ疲れ”があるのではないかと分析されていた。

     アイガーはこの件について「わたしが公開時期についての判断を下しました。振り返ってみると、わたしが*た間違いは……わたしはその責めを負いますが、少しやり過ぎ、ペースも早すぎたということだと思います。これからはスローダウンすることになるでしょう」と明言。

     もちろんそれは『スター・ウォーズ』映画をもう作らないという意味ではなく、現在も2019年12月全米公開予定の『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』(J・J・エイブラムス監督)の撮影真っただ中であることに加え、人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のクリエイターコンビが手掛けるものなど、新たな『スター・ウォーズ』映画シリーズも企画されていることに言及したアイガー。「ただ我々はJ・Jの映画の次に来るものを、考える段階に来ているのです。我々はその量とタイミングについてより気を付けると思います。その責任はわたしにあります」と今回の反省を今後に生*と誓った。

     『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』は新たな3部作の完結編にあたる。ディズニーがそれ以降、『スター・ウォーズ』をどう扱っていくのか注目だ。(編集部・市川遥)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    【【映画】『スター・ウォーズ』をハイペースで作り過ぎたのは間違いだった…ディズニー会長認める】の続きを読む

    このページのトップヘ